朝ドラのなつぞら。

2019年4月22日(月)で19話となります。

(夏空18話のあらすじ、ネタバレ、感想)

ここでは、なつぞらで演劇をすすめるため、雪次郎からなつにわかされた本の題名や作者のついてのご紹介、

また、いつものように19話のネタバレと感想を書いていきます。



スポンサーリンク

なつぞらの演劇の本について

なつが、十勝の農業高校に通っている時、酪農問題で酪農に勤める剛男と十勝の勝ち組酪農家・泰樹の間に挟まれ、悩んでいると、クラスメイトで雪月の店主とよの孫・雪次郎に演劇をするように勧められます。

その後、倉田先生にも演劇をすすめられ、酪農問題についての演劇をすることになります。

そして、渡された本がこちら。



俳優修業です。

一体、どのような本なのでしょう。


ロシア革命の前後を通して活動したロシア・ソ連の俳優であり演出家・コンスタンチン・スタニスラフスキー(1863年1月17日~1938年8月7日)が書いた本で、

世界的にも多大な影響を与え、現在も演劇の古典となっている本です。

これから演劇をされる方は、読んでみるといいかもしれませんね。

なつぞら19話のあらすじやネタバレは?

なつぞら19話のあらすじやネタバレです。

なつは、演劇部に入る。

演劇部は、体育会系だった。

走ったり、腕立て伏せをしたり、人を持ち上げながら声をだして腹筋したりといった感じだ。

泰樹は、なつに演劇で主役をやってほしいという。

農協と泰樹との関係はますますこじれていた。

柴田家の長男の照男は、なつに「じいちゃんにあまり期待をもたせるな」という。

照男は、じいちゃんはなつに牧場を継いでほしい、と思っているらしい。

しかし、「ずっとこの家にいていいのか?」となつにいう。

なつは、今でも本当に兄に手紙を書いていた。

宛先は孤児院で、そこに兄はいないだろう、とわかってはいたが、そこに手紙を出すしかなかった。

手紙には、高校を卒業しても、まだここにいるだろうと書いている。

なつは、柴田家に恩返しをしなければいけない、と思っている。

とはいえ、なつは、本当にいまでも本当に兄妹について、想っていて、毎日、会いたくてしかたないようだ。

ある日、なつは、クラスメイトの良子と雪次郎とともに、農業科3年の門倉努に呼ばれた。

高校の番長である。

女が演劇をやることに不満をもっているようだったが、

なつは、番長にも臆せずズケズケものをいい、

日本学校農業クラブ(FFJ)を一緒に歌うと、意気投合した。

演劇部に良子と門倉も入部することになる。

演劇部は新しい本ができていた。

名前は白蛇伝説だ。

なつぞら19話の感想

なつぞら19話の感想です。

今回は、良子が面白いキャラですね。

新たな登場人物である門倉努がでてきます。

どのような感想はあるでしょう。

明日は、20話になります。

なつぞら20話のあらすじ、ネタバレ、感想はこちら

なつぞら1話~最終話のあらすじ、ネタバレ、感想



スポンサーリンク