なつぞら「夏空」は、2019年4月19日の金曜日の放送で17話となります。

(なつぞら16話のあらすじとネタバレと感想)

ここでは、16話までを簡単に振り返り、17話の見どころ、

17話のあらすじ、ネタバレ、感想をご紹介します。



スポンサーリンク

なつぞらのこれまでと17話の見どころ

戦争孤児だったなつは、父親の戦友の柴田剛男に引き連れられ、北海道の十勝のおとりべつに戦後やってきた。

剛男は柴田牧場を経営する柴田家の婿養子だった。

なつは、最初だけ柴田家のおじいちゃん泰樹に冷たくされるが、

一所懸命働いていると、家族の一員の認められ、学校に行くことも許された。

また、優しくなった泰樹には、帯広のお菓子屋・雪月でアイスクリームを食べさせてもらったりもした。

学校では、絵が好きな少年の山田天陽との出会いもあったが、

兄や妹が恋しくなり、一度は家でする。

しかし、帰ってくる。

帰ってきて、絵や漫画映画を通じて、さらに天陽と仲良くなったが、

天陽の父親の問題で天陽は引っ越さねばならなかった。

天陽の父親は、東京からきた拓北農兵隊だったが、

購入した土地はよくなく農作物は育たないし、馬も騙されて年よりの馬を買わされてしまい、すぐに死んでしまった。

しかし、天陽は、そこで農業をやりたいらしく、なつに悔しさを吐露した。

すると、なつは、やさしくなった泰樹に頼みこんだ。

泰樹は、天陽の父親を数年かけてダメな土地を開墾するように説得した。

天陽の父親もやる気になった。

馬も泰樹から貸してもらえることになる。

多くの人の助けもあり、その土地は9年後、美しい畑になった。

9年後、剛男は農協に勤め、

なつは十勝の農業高校にいき、

天陽は、畑を手伝っていた。

ある日、なつが天陽のところにいくと、牛がいた。

山田家では、酪農もすることになったのだ。

しかし、その牛は農協からも借りた牛だった。

これは、農協に勤める剛男から勧められたことらしい。

なつは、天陽にこれからは、牛乳が高く売れるので、牛を飼うことはいいことだと言った。

そして柴田家に帰り、天陽が牛を飼っていることを報告し、

肥料が必要になるから、柴田家の肥料を天陽に少し与えてほしいとお願いした。

すると、泰樹は、不機嫌になった。

訳が分からないなつ。

なぜ泰樹は不機嫌なのだろうか?

その理由は、剛男が務める農協の今後の方針に泰樹が許せなかったからだ。

農協としては、、今後は牛を農協で管理し、牛乳を一手に引き取り、乳業メーカーに卸そうと考えていた。

これをすることにより、弱者の酪農家も救うことができるからだ。

しかし、おとりべつきっての酪農家である泰樹としては、それが面白くない、ということだ。

柴田家の夕食では、剛男と泰樹が対立した。

剛男は、農協からも泰樹を説得するようにプレッシャーをかけられていた。

しかし、泰樹はなかなか頑固である。

そこで、剛男は、なつを利用することを考えた。

なつに泰樹を説得してほしいとお願いしたのだ。

しかも、そうすることによって天陽の為にもなるんだよと、なつにいう。

なつは、泰樹に話してみたが、泰樹はさらに怒り始めた。

剛男と泰樹に挟まれ、困ったなつは、農業高校で帯広のお菓子屋・雪月の店主とよの孫の雪次郎に相談する。

お菓子屋なのに雪次郎は農業高校に通っており、しかもなつのクラスメイトだった。

雪次郎は、演劇部の顧問の倉田先生に相談するように勧める。

雪次郎は演劇をやっていたのだ。

なつが、倉田先生に相談すると、おまえがどう思うかだ。自分の問題として考えろ、と言われる。

しかし、さらにわからなくなるなつ。

ある日、なつは、雪次郎に演劇をやらないか?と誘われる。

そして、次の日曜日に雪月にきてほしい、という。

会わせたい人がいるのだという。

日曜日、なつは、雪月にいった。

すると、あらわれたのは、倉田先生だった。

倉田先生は、なつのおじいちゃんのことを演劇にするから、おまえも演劇をしろ、と言ってきた。

なつはどうするのか?

17話では、なつは農家の抱える問題について、自分はどう考えるのか?

また、倉田先生や雪次郎から誘われた演劇をするのか?しないのか?

なつの考え方や決断などが注目されます。

なつぞら17話のあらすじ、ネタバレ

なつぞら17話のあらすじ、ネタバレです。

柴田家の食卓で、なつが雪月にいったことが話題になっていた。

雪次郎の話題も出たが、夕見子は気になるようだ。

さて、倉田先生に泰樹のことを演劇にしようと勧められたなつだが、

倉田先生とともに農協に訪問した。

2人は農協の問題について調べにきたのだ。

2人は、農協の組合長である田辺政人(演:宇梶剛士)と剛男から説明を受ける。

その説明は以下のようなものだった。

酪農家とメーカーと直接取引するのは、今までは良かったが、

乳業メーカーが増えて、酪農家を確保することが競争になってしまった。

それで、牛乳の価格の決め方が問題になってきたという。

牛乳は脂肪分の検査によって価格が決まっているが、

今、それを乳業メーカーが行っている。

そして、その脂肪検査の内容は、酪農化にはわからない。

正しく行われているかどうかもわからない。

つまり農協としては、そこを変えたいのだという。

酪農家から牛乳を集めて、農協が検査をしてから、乳業メーカーに卸すのだ。

これで酪農家の不信感もなくなる。

しかし、なつは、じいちゃんは不信感は持っていないと反論した。

すると、田辺と剛男は、さらに説明する。

どのメーカーも牛乳が欲しいわけだから大きな牧場を大事にし、その量を確保したい、

そのために柴田牧場のようなところには待遇をよくし、小さな牧場は大事にされない。

農協としては、そういうことをメーカーにさせないために、

酪農家が団結して、小さな牧場も大きな牧場も共存できるようにしたいのだ。

そして、最後に田辺は、柴田牧場は十勝一の牧場かもしれないが、

自分は、十勝全体を全国一の酪農大国にしたい、と力説した。

剛男となつは一緒に帰ったが、なつは農協の考えは正しい、という。

さて、2人が柴田家に帰ると、乳業メーカーの乳業メーカーの村松(近江谷太朗)が、

富士子に封筒を渡していた。

当然、剛男は、松村に怒るが、

泰樹もその場にきて、

封筒を受け取れ、という。

ここから剛男と泰樹の喧嘩が始まる。

これまでで最も激しい喧嘩だ。

剛男も引かない。

しかし、声を荒げる泰樹。

剛男は汚いことはやめろというが、泰樹はきれいごとだけで家族を守れるか、という。

本当に苦労して、この土地を開拓し、酪農をしてきた泰樹の想いが言葉にこもっている

封筒にかんしては、富士子は返すことにした。

その日の夜、泰樹は夕食に現れなかった。

こんなことは初めてだった。

なつぞら17話の感想

なつぞら17話の感想です。

なつぞらの17話では、農協での説明と柴田家でメーカーの人間が封筒をわたそうとし、

剛男と泰樹の激しいバトルの2つのシーンがメインとなりました。

とても考えさせられる回でしたね。

自分も泰樹の立場でしたら、農協の方針には反対するような気がします。

また、夕見子が雪次郎を気にしているシーンがありましたが、

この2人の展開も今後、楽しみですね。

視聴者にはどのような感想があるでしょうか。

明日は18話となります。

なつぞら18話のあらすじ、ネタバレ、感想はこちら

なつぞら「夏空」1話~最終話までのあらすじ、ネタバレ、感想



スポンサーリンク