ドラマ「高嶺の花」が2018年7月11日(水)から毎週水曜日22時~23時に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されます。

ここでは、ドラマ「高嶺の花」は、どんなドラマなのか?

原作はあるのか?

主題歌は?

キャストはどうなっているか?

面白いのか?つまらないのか?評判や評価はどうなっているのか?

など調査してみました。



スポンサーリンク

高嶺の花には原作はある?

ドラマ「高嶺の花」には原作はあるのでしょうか。


原作はありません。

脚本家のオリジナル脚本になります。


では、脚本家ですが、野島伸司さん。

とても有名な脚本家です。

90年代にヒットを連発した脚本家で、代表作としては、

『ひとつ屋根の下』、『家なき子』、『101回目のプロポーズ』、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』、『高校教師』などがあります。


近年はそれほど大ヒットというのはないようです。

インターネットドラマなどが多くなっていますね。


ドラマ「高嶺の花」がどれくらいの視聴率をとれるか楽しみなところですね。

高嶺の花の内容は?

ドラマ「高嶺の花」はどのような内容なのでしょう。


華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢の月島ももと下町の自転車屋の風間直人が心を通わせていくという内容です。



スポンサーリンク

高嶺の花のキャストは?

ドラマ「高嶺の花」のキャストはどうなっているでしょう。


令嬢の月島もも役には、石原さとみさん。




下町の自転車屋の風間直人役には、峯田和伸さん。

最近、本当によく見かけますね。




次は月島家のキャストはこちら。


月島なな(ももの異母妹) :演 芳根京子

月島ルリ子(市松の妻。ももの継母) :演 戸田菜穂

月島市松(「月島流」家元。ももとななの父。) :演 小日向文世

高井雄一(運転手) :演 -升毅



その他のキャスト


風間節子(風間直人の母) :演 十朱幸代

宇都宮龍一(新興流派の華道家。) :演 千葉雄大


かわいらしい芳根京子さんやイケメン人気俳優の千葉雄大さん目当てで見る方も多いかもしれませんね。

高嶺の花の主題歌は?

高嶺の花の主題歌は外国の曲です。


エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」です。

エルヴィス・プレスリーが1956年に発表した楽曲です。

高嶺の花は面白い?つまらない?評判や評価は?

ドラマ「高嶺の花」は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価が気になるところです。

ドラマが始まってからご紹介します。

1話

まずはヤフーテレビで支持を受けていた感想。

前作「アンナチュラル」では、
魅力感じさせた石原さんでしたが、
映像だけはド派手な今作、
魅力どころか、何だか神経に刺さる。
もものキャラというより、
クセ以上にどこか狂気を感じさせる野島脚本のせいか?

前作も、今作も、
演技的に違いは感じない。というか、同じ。
ということは、
吐くセリフで受ける印象が違うということ?

現在放送中の朝ドラの北川さんもそうだけど、
20世紀終盤にピークを迎えた脚本家って、
セリフに頼りすぎで、
自惚れなくらいに自信がありすぎなために、
平気で視聴者を傷つけ、不愉快にさせる。
そして、それを作家性だと思い込んでいる。
時代が違うのに、困ったものだ。

ヒステリックかつハイテンションな石原さとみはキツイ。
何しろ、普段以上にセリフが聞き取りづらくなる。
コメディ要素が強い作品で、これは致命的。
滑舌の良さでは、
若手女優屈指の芳根ちゃんが一緒だけに尚一層。

加えて、
相手役もモゴモゴ何言ってるかわからないときている。

華道の家元の娘、ももは、式の直前に婚約破棄され、精神のバランスを崩して味覚と嗅覚を失い、ストーカー行為に走る。婚約者が別の女を妊娠させるなど、可哀想な筈なのに同情出来ない。会ったばかりの他人に見下すような態度を取り、下品な言葉を使い、他人の家で胡座をかいて食事をする。芸術家の破天荒ぶりを描いているつもりだろうが、家元のお嬢様にしては品が無い。格差恋愛という触れ込みで、相手が自転車屋の店主というのも疑問。自分の店を持って普通に生活出来ている人は格下でも底辺でもない。スナックで大勢の人の前で身の上話をするのも不自然。「愛がある人は憎まない」というセリフも、きれい事にしか聞こえない。愛しながら憎むのも人間だと思うが?

あの毒舌な性格だと確かに彼氏に逃げられちゃうの分かるかも。
主人公、性格も口調もキツめの女性。
高笑いに言葉遣い、
華道の家元なのに、品がなさすぎる。
振られたからこうなった訳じゃないよね。
いい女って慰められていたけど。
そお?って感じでした…すいません。
自転車屋さんを利用するつもりがのめり込んじゃうのかな~。

石原さとみ、あのおちょぼ口で早口でチャチャっとしゃべるので、殆ど聞き取れません。
べっぴんさんのヒロインも、相変わらず演技酷くて。
退散致します。

シチュエーションとキャスティングでシナリオはきまる。高嶺の花?なにもバチッと決まってない。
どの辺が「格差」なんだ。現代社会で、それが生み出せてこそのこのドラマの見どころなんじゃないのか?
そもそも、IT社長くらいの小金持ちになれれば、石原さとみと付き合えるのに、自転車屋が華道のお嬢様となんとかなったっていいじゃんか。
そもそも、器量良しのお嬢様が結婚式をドタキャンされても、なにも可愛そうじゃない。ストーカー気質でもないのに、ストーカーにはならないだろ。無論、姉にコンプレックスを持つ妹だって何不自由ない暮らしなのにワーワー言うな。そう。なにも可愛そうじゃない。毎度、可愛そうな人を描いてなんぼの野島伸司は、この閉塞感に満ち満ちた現代で、何を視聴者に見せようってんだ。スナックでの会話もおしゃれでもなければ面白くもなんともない。含蓄もない。そこ、肝じゃないの?筆が鈍ったか野島‥。

石原さとみさんが早口なのや野島さんの脚本に不満な方がちらほらいました。

SNSではつまらないという意見も多かったです。

勿論、面白いという意見も

1話に関しては賛否両論という感じのようです。

これから、どんどん評判が上がっていくといいですね。

まとめ

ドラマ「高嶺の花」は2018年7月11日(水)からスタート。

毎週水曜日の22時~23時に、日本テレビ系で放送されます。

峯田和伸に奥さんや子供はいない?彼女はいる?

峯田和伸の父親や母親はどんな人?弟や妹も調査!

千葉雄大の母親の関係が凄い?弟や父親についても調査!

千葉雄大の性格は悪いし人見知り?あざといや頭いいという評判も調査!

千葉雄大の仲良しの友達は?間宮正太郎や吉沢亮との関係は?



スポンサーリンク