2018年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第98作目の作品『半分、青い。』のヒロイン役の永野芽郁さん。

永野芽郁さんは、朝ドラ初出演。

オーディション参加者2,366人から朝ドラのヒロインに選ばれました。


ここでは、永野芽郁さんがヒロインを務めた「半分青い」のロケ地や撮影の場所について調査しています。



スポンサーリンク

半分青いのあらすじ

半分青いのあらすじは、このようになっています。

1971年の岐阜県のとある田舎町。家族で食堂を営む楡野晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。女の子の名前は鈴愛(すずめ)、男の子の名前は律(りつ)。ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。やがて迎えた1980年。鈴愛(矢崎由紗)は天真爛漫な少女に、そして律(高村佳偉人)は、クールだが心優しい少年になっていた。ある日二人は、鈴愛の突拍子もない発想から、ある壮大な計画に乗り出す

永野芽郁の朝ドラの撮影やロケ地は?

さて、今回の朝ドラの半分青いですが、舞台となるのが岐阜の田舎町と東京

岐阜は東濃地方が舞台となるようです。


当然、ロケ地や撮影も岐阜になります。

半分青いの撮影は、2017年10月23日、岐阜県東濃地方でクランクインしました。



スポンサーリンク

永野芽郁の撮影は?

では、これまで(2018年3月29日現在)に永野芽郁さんが、どのようなロケ地で撮影してきたかご紹介します。

まずは、昨年11月から永野芽郁さんは、岐阜県恵那市岩村町で撮影をしています。

岩村町は、八百年余年の歴史を持つ三万石の城下町です。

街並みがとっても素敵ですね。


(出典:https://4travel.jp/travelogue/10433247)


永野芽郁さんの撮影の目撃情報もあります。

尚、ふくろう商店街で撮影をしているというツイートがあります。

このようなところで撮影されたようですね。

本当に素敵なところです。

朝ドラを見た上で行ってみるのもいいですね。


また、11月2日に高校で撮影があったとのツイートがたくさんあります。

土岐商とツイートしてましたので、岐阜県立土岐商業高校で撮影があったようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今後も永野芽郁さんが朝ドラの撮影しているところを目撃するチャンスもあるかもしれませんね。

放送は。2018年4月2日から始まります。

永野芽郁の高校や中学はどこ?大学への進学は?

佐藤健の今の彼女は?好きな女性のタイプも調査!

松雪泰子は再婚してる?子供(息子)や弟についても調査!

半分青いの鈴愛の難聴の病名(ムンプス難聴)は?症状や治療法は?



スポンサーリンク