警視庁捜査一課長の新作スペシャル1が2019年7月7日に放送されます。
(新作スペシャル2は7月14日に放送)


内藤剛志さんが演じるヒラから成り上がった叩き上げの捜査一課長・大岩純一と個性豊かな捜査員たちが活躍するシリーズ。

連続ドラマから2時間のスペシャルに変わり、4作目の作品となり、2週連続で5作目の作品も放送されます。

別々の独立した話になりますが、深層の部分ではリンクしているという仕掛けがあります。



ここでは、7月7日に放送される「警視庁捜査一課長の新作スペシャル1」のあらすじや新しいキャストやゲストのキャストの紹介。

また、面白いかなど、視聴者の評価も調べました。



スポンサーリンク

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1のあらすじは?

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1のあらすじです。


「爆弾が仕掛けられた屋形船が隅田川を高速移動している」という衝撃の知らせが、警視庁捜査一課長・大岩純一に舞い込む。

屋形船には、社長の鮎原和文とその秘書の池本奈月が貸し切りで乗っていたが、突然、携帯電話に「秘密の金庫のカギを渡さないと船を爆破する」という脅迫電話がかかってきたらしい。

鮎原があわてて船内を探すと前方デッキの床下に爆発物が仕掛けられていたという。

大岩は車両に乗り込み、屋形船が動いてる隅田川沿いの道を車で並走しながら指揮を執るが、船内の様子が確認できないし、爆弾の種類も特定できない。

そんな時、捜査一課と別で船を追っていた隅田川警察署の刑事・運野和菓子の機転により、なんとかことなきを得ることに成功。

ところが、船のデッキにいたはずの鮎原社長が突然姿を消し、翌朝、隅田川から遠く離れた奥多摩の河原で、遺体となって発見された。

この謎めいた大岩の右腕として追うのが、隅田川警察署の刑事・運野和菓子。

自他ともに認める「運の良さ」を持つ彼女が鋭い洞察力で容疑者をあぶりだし追い詰めていく様は、作中における見どころの1つです。

はたして謎多き事件の真相は?



スポンサーリンク

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1のキャストは?

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1のキャストです。



主人公の捜査一課長・大岩純一を演じるのが、

内藤剛志さん。


今回、注目の新しい登場人物として、隅田川警察署の刑事・運野和菓子がいます。

この運野を演じるのが、

壇蜜さん。

運野は、警視庁捜査一課長の新作スペシャル2にも登場します。




ゲストのキャストです。

社長・鮎原和文の秘書を務める池本奈月を演じるのが、

谷村美月さん。

社長の鮎原和文を演じるのが、

六平直政さん。

並岡元子役の黒田福美さん、

千堂哲正役の濱口優さん(よゐこ)も初登場です。


後は、通常のレギュラーとこれまで登場しているキャストです。

笹川健志:演 本田博太郎
武藤広樹:演 矢野浩二
天笠一馬:演 鈴木裕樹
奥野親道:演 塙 宣之(ナイツ)
大岩小春:演 床嶋佳子
小山田大介:演 金田明夫

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1は面白い?評価は?

警視庁捜査一課長の新作スペシャル1は面白いのか?

視聴者の評価はどうなっているでしょう。


新たに登場した壇蜜さんが話題になっています。

斎藤さんを懐かしむ声も多いようです。

警視庁捜査一課長の新作スペシャル2(7月14日)は面白い?感想は?あらすじやキャストも



スポンサーリンク