2018年8月12日(日)に「法医学教室の事件ファイル44」がテレビ朝日系21時00分~23時05分で放送されます。

法医学教室の事件ファイルシリーズはどんなどらまなのか?

今回の法医学教室の事件ファイル44はどんな内容なのか?

キャストは?

また、面白いのか?つまらないのか?

視聴者の評価や感想も調査してみました。



スポンサーリンク

法医学教室の事件ファイルはどんなドラマシリーズなの?

今回、初めて法医学教室の事件ファイルを見るという方に、

法医学教室の事件ファイルというドラマがどのようなドラマシリーズなのかご紹介します。


法医学教室の事件ファイルは、港南医科大学法医学教室准教授、二宮早紀の活躍を描くテレビドラマ

始まったのが、なんと1992年から。

最初は連続ドラマでした。

1992年に第1シリーズ(全11話)が放送され、

1993年に第2シリーズ(全12話)が放送されました。


その後は、単発の2時間ドラマになり、

今回の放送で44回目となります。

2時間ドラマになって、視聴率が一桁になったことは一度もありません。

常に二桁を記録している人気ドラマシリーズとなっています。

法医学教室の事件ファイル44はどんな内容?

さて、今回、放送される法医学教室の事件ファイル44の内容はこのようになっています。

法医学者の二宮早紀(名取裕子)は、中学時代の同級生・倉重(益岡徹)から初恋を告白され、その場面を夫の一馬(宅麻伸)に目撃されてしまう。動揺する帰り道、早紀は何かから逃げるような女性(吉田まどか)と出会い、警察署へ連れていってほしいと頼まれる。しかし警察署に着くと、後部座席でその女性は謎の死を遂げていた!?



スポンサーリンク

法医学教室の事件ファイル44のキャストは?

法医学教室の事件ファイル44のキャストはどうなっているでしょうか。


まず主役の二宮早紀役を演じるのが、

名取裕子さん。

1992年の第1シリーズから名取さんが主役を演じています。

二宮早紀の夫の二宮一馬役としては、

宅麻伸さん。


中学時代の同級生・倉重役には、

益岡徹さん。

一馬の叔母の望月七海役には、

由紀さおりさん。


その他、高岡早紀さん、長谷川初範さん、長谷川朝晴さん、デビット伊東さん、佐野和真さん、中村静香さん、などが出演されます。

法医学教室の事件ファイル44は面白い?つまらない?評価や感想は?

法医学教室の事件ファイル44は面白いのか?つまらないのか?

視聴者の評価や感想はどうなっているでしょう。

今回の法医学はひどい。 法医学者としてはあまりに軽率な行動、まるで一日署長のような上司、ツッコミ所が多すぎて見てられないけど、結論だけが知りたい。

まとめ

法医学教室の事件ファイル44は、2018年8月12日の日曜日、

テレビ朝日系21時00分~23時05分で放送されます。

名取裕子は夫は?結婚してる?犬や父親や母親についても調査



スポンサーリンク