2018年6月25日(月)に「あにいもうと」というドラマがTBS系で放送されます。

「あにいもうと」はどのようなドラマなのか、

原作や脚本について、

面白いのか?つまらないのか?感想や評価について調べてみました。



スポンサーリンク

石井ふく子プロデュースのドラマ

この「あにいもうと」ですが、石井ふく子さんがプロデュースするドラマになります。


(出典:https://www.wendy-net.com/nw/person/263.html)


石井ふく子さんは、現在、91歳になられるテレビプロデューサーで、

数々の名作テレビドラマに関わってこられた人物です。

脚本家の橋田壽賀子さんとのコンビが有名で、代表作としては、「渡る世間は鬼ばかり」があります。

あにいもうとは原作もある?

ドラマ「あにいもうと」には、原作もあります。


原作は室生犀星の「あにいもうと」です。

あにいもうと 詩人の別れ【電子書籍】[ 室生犀星 ]

価格:864円
(2018/6/24 17:47時点)
感想(0件)

室生犀星は、1889年〈明治22年〉8月1日~1962年〈昭和37年〉3月26日)「享年72歳」の詩人であり作家です。

あにいもうとの脚本は?

ドラマ「あにいもうと」は、この原作を山田洋次監督が脚本をしています。


(出典:www.fesh.jp)


山田洋次監督は、日本を代表する映画監督で、

代表作としては、「幸せの黄色いハンカチ」、「男はつらいよ」シリーズや「学校」シリーズなどがあります。

その映画界の巨匠である山田洋次監督が、今回の「あにいもうと」では、脚本だけを担当されています。

演出はされていません。

演出は、清弘誠さんという方がされています。

清弘誠さんは、奥さんが加賀まりこさんの演出家です。



スポンサーリンク

あにいもうとはどんなドラマ?

「あにいもうと」はどんな内容のドラマでしょう。


内容はこちらです。

東京下町で昔ながらの叩き大工を営む赤座家。兄の伊之助(大泉洋)は、父であり棟梁である忍(笹野高史)の下、職人として日々暮らしている。妹の桃子(宮崎あおい)は大型トラックの運転手として日本全国を渡り歩く毎日。この二人実に仲が良い。幼い頃から兄は年の離れた妹を我が娘のように可愛がり、妹は兄を父のように慕っていた。幸せな家族にある日予想もできない、ある出来事が起こる。それは妹・桃子の流産だった。相手の男の事を何も話さない桃子を問い詰める伊之助。結婚前の最愛の妹が流産をしてしまうなど耐えられないのだ。決して話そうとしない桃子に伊之助の感情は爆発する。思わず手を出してしまう伊之助。桃子もまた伊之助の腕に噛みつき、小学生のような取っ組み合いの兄妹喧嘩はやがて嵐のように一家を襲い。翌日、桃子は家を出て行ってしまう。赤座家に元の幸せな暮らしは戻って来るのか!笑いあり涙あり、ホームドラマの決定版!

尚、制作秘話がyoutubeで公開されてますので、ご紹介します。

あにいもうとのキャストは?

ドラマ「あにいもうと」のキャストですが、

兄の伊之助役には、マルチの才能を発揮する大泉洋さん。


(出典:ヤフーニュース)


本当に忙しい方ですね。


妹の桃子役には、宮崎あおいさんです。


(出典:wikipedia)


最近、V6の岡田准一さんと再婚されて話題になっていましたね。


他のキャストはこちら。


赤座佐知 :演  瀧本美織
小畑裕樹 :演 太賀
岡村咲江 :演 西原亜希
三四郎 :演 七五三掛龍也
シマ :演 一路真輝
パティ :演  シャーロット・ケイト・フォックス
赤座忍 :演 笹野高史
赤座きく子 :演 波乃久里子

あにいもうとは面白い?つまらない?感想や評価は?

ドラマ「あにいもうと」は面白いのか?つまらないのか?

感想や評価が気になるところです。

放送終了後調べます。

まとめ

ドラマ「あにいもうと」は、2018年6月25日(月)、TBS系で20時00分~21時57分で放送されます。

大泉洋の子供は娘?奥さんや家族構成や不倫を調査!

大泉洋出演映画の「恋は雨上がりのように」は面白い?



スポンサーリンク