映画「来る」が2018年12月7日(金)から公開です。

澤村伊智さんのホラー小説「ぼぎわんが、来る」を映画化。

主演は岡田准一さん。

こちらが予告編となっています。

怖くて面白い新感覚ホラーとなっています。


気になるのがロケ地ですね。

秀樹の故郷のシーンは、三重県がロケ地になっていてこちらの記事でご紹介しました。
(⇒映画「来る」の三重県のロケ地は?)


ここでは、その他のロケ地についてご紹介します。

三重県の他は、北九州、埼玉の吉川、横浜の吉祥寺などで撮影されています。



スポンサーリンク

映画「来る」は北九州がロケ地に

映画「来る」は北九州がロケ地になっています。


2018年9月2日に北九州ロケが行われました。

元々、9月1日の予定でしたが、悪天候のため延期になり、

予備日として予定されていた2日に撮影が行われたそうです。


北九州の撮影場所ですが、

北九州市役所の前。

北九州市役所前は、歩行者の車両も全て通行禁止にして撮影が行われました。

尚、この北九州の撮影では、出演者の撮影はなかったということです。

映画「来る」は埼玉の吉川もロケ地に

映画「来る」は埼玉の吉川のロケ地になっています。


吉川では吉川南美で撮影があったようです。

吉川南美駅の前にあるイオンタウンで撮影が行われたようですね。

イオンタウンは、埼玉県吉川市にあるショッピングセンター。

地図だとこちらになります。

映画「来る」は静岡の清水の巴川もロケ地に

映画「来る」は静岡の清水の巴川もロケ地になっているようです。

今年の8月11日か12日のどちらかで撮影が行われ、

場所は、清水銀行本店の角の万世町の交差点。

カーアクションの撮影で、出演俳優はこなかったそうです。

通行止めをして撮影をしたそうです。



スポンサーリンク

映画「来る」は横浜の弘明寺もロケ地に

映画「来る」は横浜の弘明寺もロケ地になっています。


横浜の弘明寺では、弘明寺商店街の廣州亭という中華料理店で撮影が行われました。

こちらに関しては、目撃者も多数います。

吉川の撮影もそうですが、弘明寺の撮影も血が凄いという目撃があります。

かなり凄いシーンになりそうですね。


弘明寺の商店街はこのようなところです。

地図だとこちら。

その他のロケ地

映画「来る」のその他のロケ地ですが、

東京の六本木、東京の国立市、葛飾区の亀有でも撮影が行われています。

こちらのエキストラの募集をしていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「来る」のロケ地についてご紹介してきました。

秀樹の故郷のシーンは三重県で撮影が行われ、こちらでご紹介してます。
(⇒映画「来る」の三重県のロケ地)

ここでは、それ以外のロケ地についてご紹介しました。

出演者がこないロケ地としては、北九州と清水の撮影。

どちらも交通規制をしての撮影だったようです。

吉川と弘明寺の撮影では、血のように見えたという目撃者がいますので、

かなり凄いシーンになっているのかもしれません。

他には、東京でも撮影が行われています。

尚、試写会での映画の評価や評判については、こちらの記事でかいています
(⇒来る(映画)は怖い?怖くない?面白いの?評判や評価は?原作もある!)



スポンサーリンク