2018年11月18日の「消えた天才」で丹波慎也さんが特集されます。

丹波慎也さんは、野球の名門校の横浜高校で期待されながらも17歳という若さで亡くなられたかたです。

ここでは、丹波慎也さんの実力や球速について、

両親(父親・母親)について、

兄について、

調べてみました。



スポンサーリンク

丹波慎也のプロフィール

名前:          丹波慎也(たんば しんや)

誕生:          1978年

死没:          1995年8月17日(享年17歳)

出身地:         神奈川県横浜市

身長:          184㎝

高校:          横浜高校

丹波慎也の実力や球速は?

丹波慎也さんが在籍していた横浜高校は野球の名門校。

松坂投手や筒香選手を輩出したことで有名ですね。

他にも、過去には愛甲さん、鈴木さん、多村さん、

現在も涌井投手、近藤選手、藤平投手、福田選手などプロで活躍する選手が多いですね。


しかし、丹波さんは、関係者によると松坂投手や筒香選手以上の実力をもっていたということです。

横浜高校のグランドには、丹波さんの石碑が飾ってあるとのこと。

石碑が飾られるなんて凄いですね。

実力は凄かったようで、中学では全国優勝をはたし、

横浜高校では、入学直後から硬式戦に登板。

投げるボールは一級品。

「横浜高校に丹波あり」といわれるようになったようです。

2年の夏、3年が引退すると、エースで4番に座り実力を見せます。

なんと、練習試合の4試合でノーヒットノーランを2回

ホームラン3本を打つ活躍を見せました。


また球速も気になるところですが、

記録は残っていないようです。

140キロ以上は出ていたのではといわれています。

まだ、当時2年生でしたから、3年やプロに入ってからは、

150キロ以上出る投手になったのかもしれませんね。


また、関係者の証言ですが、

実力だけでなく人間性も優れていたとのこと。

横浜高校の渡辺元監督は、丹波さんの人間性について、

このようにいっています。

「50年の教え子の中で、とりわけ文武両道に長けていた選手。」

「丹波いないなというと外野みるとかならずランニングしている」

「チームの模範となる選手」

ということです。


同級生で、のちにヤクルトで活躍する松井光介さんは、

「練習とかは真面目で普段はおちゃらけて、場の雰囲気を盛り上げるタイプ」

後輩で芸能人の上地雄輔さんは、本当に優しかったとブログで書いており、

さらに成績はトップクラスで、男前で、野球が上手く、

自分が女だったら遊ばれてもいいからそばにおいてほしいと思ったそうです。

間近にいるだけで誇らしく感じたそうです。


本当に実力も凄かったようですが、恰好よく、性格も優しく、頭もよく、

同級生や後輩に慕われた選手だったということです。


そんな丹波さんが亡くなられた時、監督が選手にそのことを伝えると、

選手達は、その場で泣き崩れたとのこと。

選手たちは、「丹波を甲子園に連れて行こう」と団結し、

横浜高校は、奇跡的な試合で勝ち進み、春の甲子園に出場しました。

死んでも尚、選手たちを束ねる選手。

それが、丹波慎也さんだったとのことです。


渡辺元監督は、この丹波さんの一件があった後に、横浜高校の黄金時代がスタートしたと言っています。

有名な松坂投手の世代もすぐあと(松坂投手は上地さんの一個下)になります。



スポンサーリンク

丹波慎也の両親(父親・母親)はどんな人?

丹波慎也さんの両親(父親・母親)はどんな人なのでしょう。


まず母親ですが、丹波裕子さん。

丹波慎也さんが亡くなられた後、

選手や監督は、あまりのショックに秋の大会の出場を辞退しようと考えていたようです。

しかし、母親は、選手や監督にこのように告げました。

渡辺元監督は、こう回想しています。

「お通夜の日、暑かったね。お母さんがね『試合やってくれ』大理石の机に手を叩いて、叫びながら『何としても慎也のためにやってくれ、慎也からそういう声が聞こえた、すぐやってください、みんな頑張んなさい』という声がいまでも残ってる。それでやる気になった」


父親ですが、慎也さんとトレーニングをしていたいうエピソードを渡辺元監督が話しています。

亡くなる日の夜も、父親とトレーニングをしていたそうです。

丹波慎也の兄は元プロ野球選手

丹波慎也さんの兄は丹波幹雄さん。

元ヤクルトの投手です。


兄も横浜高校の野球部に入りましたが、

肘を痛め、2年の春に退部していました。


ところが、慎也さんの亡くなる2週間前。

慎也さんは兄にキャッチボールをしようといいます。

そして、久しぶりの兄弟でのキャッチボールをしたそうですが、

その時、慎也さんは兄にこのように言いました。

「まだまだちゃんとやればいいのに」

その2週間後、慎也さんは、亡くなりますが、

兄はその言葉をあとで思い出し、再びWIEN BASEBALL CLUBに入って野球を再開。

1998年のドラフト会議でヤクルトスワローズに8位指名されました。


両親は、弟が果たせなかった夢を兄にかさね、プロ入りに心から喜び、応援を続けたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2018年11月18日の「消えた天才」で取り上げられている丹波慎也さんについて、

実力、球速、両親(父親・母親)、兄について調べました。

この番組には、上地雄輔さんも登場し、

想い出を語ってくれるようです。

松坂大輔の性格は良い?悪いの?面白いし優しいと評判?

森崎嘉之のスクールは?現在の職業は?「消えた天才の市立船橋のサッカー選手」

絹川愛の病気とは何?今は結婚はしてるの?「消えた天才の美女ランナー」



スポンサーリンク