映画「日日是好日」が2018年10月13日に公開されます。

最近、他界された樹木希林さんも出演される映画ということで注目を集めています。

ここでは、映画「日日是好日」には、原作はあるのか?

どのような内容の映画なのか?

キャストはどうなっているか?

面白いのか?つまらないのか?

評判や評価はどうなのか、

調べてみました。



スポンサーリンク

日日是好日には原作はあるの?

映画「日日是好日」には、原作はあるのでしょうか。


原作は、エッセイスト森下典子による自伝エッセイ『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』です。

日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫) [ 森下典子 ]

価格:594円
(2018/10/12 18:37時点)
感想(29件)

森下典子さんは、1956年5月3日生まれ、神奈川県出身。

日本女子大学文学部国文学科卒業後、週刊朝日のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版し、それ以後は、ルポ、エッセイなどを執筆しています。

『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』は2002年の作品となっています。


尚、映画の脚本は、今作で監督も務める大森立嗣さんが脚本も書いています。

日日是好日は、どんな内容?

映画「日日是好日」は、どんな内容でしょうか。


こちらが予告編です。

主人公は、本当にやりたいことを見つけられず大学生活を送っていた典子。

典子は母親から「お茶習ったら?」と言われる。

「武田のおばさん」がタダモノではない茶道教室の先生だとも聞かされる。

典子は気にない返事をしていたが、従姉の美智子に誘われるまま、流されるように茶道教室に通いだす。

お茶を習うことになった典子は、それから20年数年も武田先生のところに通うことになる。

そして、就職、失恋、大切な人の死などを経験し、お茶や人生における大事なことに気がついていく。



スポンサーリンク

日日是好日のキャストは?

映画「日日是好日」のキャストはどうなっているでしょう。


主人公で武田先生のところに20数年、お茶を習いに通う典子の役には、

黒木華さん。

20歳から45歳までを演じます。




タダモノではない茶道教室の先生である武田先生を演じるのが、

映画公開前の9月に他界された 樹木希林さん。

今年は、カンヌ映画祭で最高賞であるパルム・ドールを獲得した「万引き家族」にも出演されていますね。

尚、遺作は、今回の日日是好日でもなく、来年公開予定の「エリカ38」となっています。

下の動画では、日日是好日について語ってくれています。




典子をお茶教室に誘う従妹の美智子の役には、

多部未華子さん。




その他のキャストはこのようになっています。


田所       :演 原田麻由
早苗       :演 川村紗也
由美子      :演 滝沢恵
ひとみ      :演 山下美月
典子の母     :演 郡山冬果
典子の弟     :演 岡本智礼
雪野       :演 鶴田真由
典子の父     :演 鶴見辰吾

日日是好日は面白い?つまらない?評判や評価は?

映画「日日是好日」は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価はどうなっているでしょう。

いかにも外国人が好みそうな映画ですが、いまのところ海外の映画祭の受賞などはないようです。

第23回釜山国際映画祭には、出品するようですね。

では、試写会での評判や評価を見てみます。

本当に素敵な映画のようですね!

まとめ

映画「日日是好日」は、2018年10月13日より公開です。

日日是好日の茶室のロケ地は横浜の三渓園?海岸は江の島で結婚式場は渋谷で撮影?

万引き家族が面白い?つまらない?評判や評価や原作についても調査



スポンサーリンク