映画「ルイスと不思議の時計」が2018年10月12日から公開されます。

ここでは、ルイスと不思議の時計の原作について、

映画の内容について、

吹替はどうなっているか、

映画はつまらないのか?面白いのか?

評判や評価についても調べてみました。



スポンサーリンク

ルイスと不思議の時計には原作はある?

映画「ルイスと不思議の時計」には、原作があります。

原作は、ジョン・ベレアーズの小説「壁のなかの時計」です。

作者のジョン・ベレアーズは、1938年1月17日生まれ、 1991年3月8日に亡くなられています。

出身は アメリカ合衆国 ミシガン州 マーシャル。


小説「ルイスと不思議の時計」は、1973年に出版された児童向けのゴシックホラー・ファンタジー小説です。



スポンサーリンク

壁のなかの時計の内容は?

映画「ルイスと不思議の時計」はどのような内容なのでしょう。

こちらが予告編です。

映画の主人公は、両親を亡くした少年ルイス。

独りぼっちのやさしい少年です。

ある日、ルイスは叔父ジョナサンの古い屋敷で暮らすことになります。

実は叔父のジョナサンは、二流のポンコツだけど不思議な力を使える魔法使いだった。

隣人にはとっても頼りになる魔女もいます。

ジョナサンの古い屋敷の中には、不思議な時計がいっぱい。

ルイスは、屋敷の中に世界を破滅に導く時計が隠されていることが知り、

ジョナサンとともに謎を解いて世界を救うため奮闘していきます。

ルイスと不思議の時計の吹替はどうなってる?

映画「ルイスと不思議の時計」は吹替でも楽しむことができます。

どのような方が吹替で参加するのでしょう。


まずルイスの叔父の二流のポンコツの魔法使いジョナサン・バーナヴェルトですが、

役者は、ジャック・ブラック




このジャック・ブラックの吹替の声を担当するのが、

佐藤二朗さんです。


次にルイスの叔父ジョナサンの隣人の一流魔女フローレンス・ツィマーマンは、

ケイト・ブランシェットが演じます。

このケイト・ブランシェットの吹替の声を担当するのが、

宮沢りえさんです。




次に少年ルイスを演じるのが、オーウェン・バカーロ

オーウェン・バカーロの声の吹替は、高山みなみさん。


タービー・コリガンは、サニー・スリッチが演じ、吹替は、松本梨香さん。


ローズ・リタ・ポッティンジャーは、バネッサ・アン・ウィリアムズが演じ、

吹替は、矢島昌子さん。


ルイスママは、ロレンツァ・イッツォが演じ、

吹替は、本名陽子さん。

ルイスと不思議の時計はつまらない?面白い?評判や評価は?

映画「ルイスと不思議の時計」はつまらないのか?面白いのか?

評判や評価が気になります。

まずアメリカでの興行収入を見てみましょう。

本作は『Assassination Nation』、『華氏119』、『Life Itself』と同じ週に封切られ、公開初週末に2100万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを上回るものとなった。2018年9月21日、本作は全米3592館で公開され、公開初週末に2660万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[

アメリカではヒット作となっています。


次は日本での試写会での評価はどうでしたでしょう。

評判はなかなかいいようですね。

まとめ

映画「ルイスと不思議の時計」は、2018年10月12日から公開です。

同じ監督に映画で、10月19日から「デス・ウィッシュ」も公開されます。

デスウィッシュはつまらない?面白い?評判や評価は?原作や吹替はあるの?



スポンサーリンク