平昌オリンピックもいよいよ終わりに近づいてきました。

羽生結弦選手、宇野昌磨選手、高木美帆選手、小平奈緒選手などたくさんの印象的なシーンがありますが、

カーリング女子が最後に注目されています。

(出典:朝日デジタル)


試合だけでなく、選手がかわいいということや、おやつなども注目を浴びていますが、

もう一つ「そだねー」という言葉が話題になっています。

そだねージャパンとも言われていますね。

今年の流行語大賞になるかもしれないということです。


「そだねー」について調べてみました。



スポンサーリンク

そだねーは北海道の地域によって使ったり使わなかったりする?

そだねーは、北海道の方言ということですが、

北海道のどうこでも使うわけではないようです。


このような記事もありました⇒【困惑】元道民だけど、カーリング女子で流行ってる「そだねー」って何なの?


北海道は広いので、

地域によっては、そだねーを使うところもあるということのようです。

このようにツイートしていた人もいます。

カーリング女子の方は、北見市出身なので、

北海道の東のほうなどに行くと違うのかもしれませんね。


確かに他の県でも、同じ県で全く言葉のイントネーションが違っていることがあります。

それに気づいたのが、埼玉に住んでいた時ですが、

北部の人がやたら訛って喋っていたことあり、

驚いたことがあります。



スポンサーリンク

そだねーが初めて方言だとしる道民も

今回、そだねーが有名になり、北海度弁とテレビでいわれ、

初めてそだねーが北海道弁だと知った人も多いようです。

北海道の皆さんは、ほとんど「そだねー」を方言だと思っていなかったようです。

しかし、北海道以外でも「そだねー」を使うという声もありました。

もしかすると、他の地域でも「そだねー」と普通に使っているところもあるのかもしれません。

私のところでは、あまり聞いたことがありませんね。

あまりこれまで意識したことなかったですが、

自分のところでは、「そうだね」なのかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カーリング女子の使う「そだねー」ですが、

北海道でも使う地域と使わない地域があるようです。


また北海道以外でも「そだねー」を使う地域もあるようです。

また北海道の方は、「そだねー」をこれまで北海道弁として意識していなかったようです。


今年は「そだねー」が流行りそうですね。

今後は、全国的に使われる言葉になるかもしれません。

藤沢五月(カーリング女子)の姉も美人?兄や父親や母親も調査!

藤澤五月の彼氏や結婚は?性格や経歴や喫煙についても気になる



スポンサーリンク