「世界の果てまでイッテQ!」で活躍するイモトアヤコさん。

本当にこれまで世界各地で、とんでもない企画に挑戦してきました。

男性でもできないようなことをやりとげてしますイモトさんには、本当に毎回関心してしまいます。


イモトさん目当てであの番組を見ている人も多いのではないでしょうか?

そのイモトさんですが、南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフの登山に挑戦することが発表されました。

この企画を聞いた時に、楽しみだと思う反面、危険はないの?という不安もでます。


イモトさんは、以前、エベレスト登山の企画というのがありましたが、やはり危険ということで断念しています。

数々の不可能を可能にしてきたイモトさんであれば、エベレスト登山も可能だとは思いますが、

さすがに死亡事故の可能性がある企画はできなかったようです。


さて、今回のヴィンソン・マシフの登山ですが、気になるのは、

やはり危険はないのか?

ということと、これまでのヴィンソン・マシフの登山の難易度です。

徹底的に調査してみます。



スポンサーリンク

ヴィンソン・マシフとはどんな山?


(出典:wikipedia)

グーグルの航空写真はこちら。

動画はこちら。

南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフとは一体、どんな山なのでしょう。

上の画像やグーグルの航空写真や動画をみてるだけで、凄いところに登山するんだなと怖くなってしまいます。

七大陸最高峰の一つともいわれ、標高4892メートルの頂を誇る世界屈指の名峰ということです。

体感温度はなんとマイナス50度!

風速40~50メートルのブリザードが吹き荒れる過酷な環境が予想されるということです。

また、ヴィンソン・マシフ登山は相当な相当な費用が掛かるようで、視聴率の高い人気番組「世界の果てまでイッテQ!」だからこそできる企画のようです。

ヴィンソン・マシフ登山は危険でないのか?難易度は?

さて、気になるのが、やはりヴィンソン・マシフ登山の危険性や難易度です。

まず最も難易度の高い山として有名なエベレストというと、死体が多いことで有名です。

エベレストで死亡した人の数はなんと216人と言われていて、

150人の遺体が凍結された状態のまま放置されているそうです。


しかもその遺体を目安にして、エベレスト登山することになるようで、

エベレストに登山するときは、死体を見ながら登山しなければならないようですね。

さすがにイモトさんといえど、エベレスト登山はやめておいて正解でしたね。


そのエベレストに比べると、やはりヴィンソン・マシフ登山の方は、難易度としては下がるようです。

標高は、4,892mで、七大陸最高峰の中では、オーストラリアのコジオスコに継ぐ2番目の低さです。

日本の富士山よりは高いですが、エベレストよりは4000mも低い山になります。


また、エベレストも実は世界で最高に難易度が高い山というわけでもないらしく、

アンナプルナは、なんと死亡率42.8%ともいわれており、

より難しい山もあるようです。

それらに比べるとヴィンソン・マシフの方は4000m級の山に慣れた資金に余裕のある登山愛好家であれば400万くらいで登山できるようです。

このようなサイトがありました⇒ヴィンソン・マシフ登山

今回のイッテQ!の企画は、危険性はあるにしても、しっかりしたサポートがあればイモトさんなら十分にやれるだろうということで、決まった企画ではないでしょうか。

イモトはアムラー!紅白で安室奈美恵が見れない!

まとめ

「世界の果てまでイッテQ!」のヴィンソン・マシフの登山の企画は本当に楽しみです。

絶対に見逃せないですね!

安田大サーカスのHIROの減量が凄い!ダイエット方法は?食事や運動をチェック!



スポンサーリンク