現在、TBSのドラマで「陸王」が放送されています。

原作が半沢直樹シリーズの池井戸潤さんということで、

視聴率もよくヒット作となっています。


このドラマは俳優陣の熱演も光りますが、

なんといってもこはぜ屋が作る足袋のランニングシューズです。

ドラマでは、実際に陸上の選手が足袋のランニングシューズを履いて大会に出場します。

イケメン俳優の 竹内涼真さんがこのシューズを履いて走る姿は恰好よかったですね。

このドラマを見て、足袋に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

ドラマを見ていると、実際に履いて走ってみたくなるはずです。


さて、このドラマのモデルではないかと言われている会社や足袋シューズがあります。

こはぜ屋のモデルがきねや足袋株式会社で足袋は[無敵]MUTEKIがモデルと言われています。

この[無敵]MUTEKIという商品は、ドラマの影響もあって、爆発的な人気を誇っています。

当然ですよね。


しかし、一方で、ランニングシューズには厚底のシューズもありますよね。

実際のところ、足袋と厚底のランニングシューズでは、どちらが走りやすいのでしょうか?

使っている人の評判を調査してみました。



スポンサーリンク

足袋シューズの評判は?

こちらの動画で、[無敵]MUTEKIを購入した人が商品も解説をして、

足袋でランニングすることのメリットを述べています。

この人がいうには、足袋のランニングシューズで走ると、つま先で着地するようになるようです。

そして、つま先で着地するようになると、足に対する負担というのがかなり軽減されるということです。

ということで怪我予防につながるようです。

そして、つま先から着地する走り方は、人間の本来の走り方になるということです。

アフリカのランナーのほとんどがつま先から着地しているようです。

もう一つこちらの動画では、実際に[無敵]MUTEKIを履いて走ってもらい、

その感想を述べています。

芝生や普通のロードで走る分には問題ないといっています。

たの足袋のランニングシューズのデメリットについても語っていて、

岩や石や木の根っこの上を走るのには、痛いかもしれないと述べています。

また、素足に近いシューズなので、走り方が悪いと、すぐに体に痛みででるようで、

考えながら走らないといけないランニングシューズになるようですね。

では、他の評判もTwitterで、調べてみました。

とにかく、走り方によってダイレクトに体に衝撃を受けるので、踵からの着地をやめたり、走り方を変えていかねばいけないということです。

怪我をしない人間本来の走り方になりたい方にお勧めという感じのようですね。

厚底のランニングシューズの評判は?

さて、ナイキが超厚底のランニングシューズをリリースしています。

上で、足袋シューズで走るメリットを書きましたが、逆に厚底のランニングシューズのメリットはなんでしょうか。

こちらの動画をご覧ください。

初心者に進めているランニングシューズはやはり足を守ることに重点が置かれているハイスペックなランニングシューズです。

足を守るハイスペックなランニングシューズとなると、どうしても厚底のシューズということになるようです。

初心者は走り方もよくないですし、ランニングを始めた途端、膝をやってしまう可能性が高いため、クッション性があり足を守る厚底のランニングシューズの方がいいようですね。

なので、厚底のランニングシューズも流行っているようなのです。

まとめ

最近、ドラマ「陸王」で足袋のランニングシューズが流行っていますが、

一方で、厚底にランニングシューズも流行っています。

ただ、あくまでも足袋の方は、本格的なアスリート向けという感じで、

これから、健康のためにランニングをされる方は、ハイスペックな厚底のランニングシューズを選んだ方が、

足の為にはいいようです。

その後、慣れてきたら、足袋のランニングシューズも試してみると、良いみたいですね。



スポンサーリンク