映画やドラマが見れる動画配信サービス(VOD)。


いろいろあって迷ってしまうかもしれません。

2018年の動画配信サービスの市場シェアですが、

1位dTV

2位Hulu

3位u-next

となっています。


(出典:ASCII.jp)


dTV、Hulu、Netflixには、それぞれ良い面がありますので、

それぞれを詳しく解説していきます。

とりあえずお試しで入会して比べてみる?

dTV、Hulu、Netflixは、無料のお試し期間を設けています。

dTVが31日間

Huluが2週間

u-nextが31日間


どちらも追加料金を払う必要のない見放題動画は、完全無料で観ることができます。

ご自分で、この3つのサービスにお試しで入会してみて、

自分に合ったサービスを一つ選び、継続し、

あとの2つを解約するという方法で選んでみるのもいいかもしれません。


無料期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

その間に、見放題動画も見ちゃうというのも手ですね。


dTVをお試しで入会する
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

Huluにお試しで入会する
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

u-nextをお試しで入会する
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
無料トライアル実施中!<U-NEXT>

dTVの特徴

dTVは、会員数、動画本数ともにNo.1の動画配信サービスになります。

料金は、月額500円

サービス内容ですが、

  • 動画本数:映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万
  • 画質:SD/HD/4K
  • ダウンロード機能:あり
  • 再生速度の選択:あり(1.5倍速、2倍速)※スマホ、タブレット
  • 日本語吹き替え/日本語字幕の選択:可能

となっています。

dTVの魅力と欠点

dTVの魅力ですが、何といっても料金と動画本数

月額料金500円は、他のサービスと比べて、圧倒的に安いです。


dTVのオリジナルチャンネルであるBeeTVが面白いです。

バラエティー番組が充実してますね。


また、VR(ヴァーチャル・リアリティ)動画も配信されています。


dTVの欠点ですが、動画本数が12万と言っても、ミュージックビデオやカラオケが多い印象です。

これは、dTVがavexグループ運営の動画配信サービスだからになります。


また、新作や旧作でも、観たい映画などが、追加料金を取られることが多く、

結局、毎月、お金を使ってしまうことも。


とはいえ、やはり月額500円(税抜き)の基本料金は魅力的ですね。

また、音楽系が好きな方におすすめです。



Huluの特徴

Huluは日本テレビ系の動画配信サービス。

料金は月額933円(税抜き)。


サービス内容ですが、

  • 動画本数:約5万(全て見放題)
  • 画質:フルHD
  • ダウンロード機能:あり※スマホ、タブレット
  • 日本語吹き替え/日本語字幕の選択:可能

となっています。

Huluの魅力と欠点

Huluの魅力ですが、日本テレビ系のサービスですので、日本テレビのドラマやバラエティ番組が強くなっています。

日テレの大ヒットドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」などの特別動画などHuluでしか見れない動画も多くなっています。

人気のアメリカの海外ドラマなども強いですね。


また、動画本数が約5万本と、一見少ないようにも見えますが、

動画の全てが見放題となていますので、

追加料金を払う必要がありません。



欠点としては、映画の動画が弱い印象。

特に新作は期待できません。

また、海外ドラマが強いと上で書きましたが、アジア系ドラマは少ないです。

韓流ドラマなどを見たい方は、u-nextのほうがおすすめになります。


尚、お試し期間は2週間となっています。



u-nextの特徴

u-nextは、会員数は3位となっていますが、

総合的に最も素晴らしいサービスが受けられます。


その代わり料金が高く月額1990円(税抜き)となっています。


サービス内容ですが、

  • 動画本数:13万以上(見放題は8万)
  • 画質:フルHD、4K
  • ダウンロード機能:あり※スマホ、タブレット
  • 再生速度の選択:あり(0.6倍、1.4倍、1.8倍)
  • 日本語吹き替え/日本語字幕の選択:可能

となっています。

u-nextの魅力や欠点

u-nextの魅力ですが、総合的に見て、最もサービスが充実しているところです。

動画本数は、13万以上

見放題が8万。

映画、国内ドラマ、アニメ、韓流、キッズ向けも充実。

ディズニー映画も強いです。

最新映画もポイントを使えば、他の動画配信サービスよりはやく観ることができます。

これもポイントを使うとですが、NHKオンデマンドも見れ、

朝ドラや大河ドラマ、NHKのドキュメンタリーも楽しめますね。

さらに動画だけでなく、雑誌が70冊以上も見放題なのです。

雑誌を毎月たくさん購入するという方は、u-nextの雑誌を読むだけで元が取れます。

漫画などの電子書籍も読めます。

また、大人が楽しむ動画(詳しくは書けませんが分っていただけると思います)も、たくさん見放題で観ることができ、

この分野でお金をかけている人にとっては、本当にお得感があると思います。


u-nextの欠点としては、韓流は強いのですが、アメリカのドラマはいまいち少ないです。

アメリカのドラマが見たい方は、Huluのほうがいいです。

後は、何といってもやはり料金が高いことです。

一番安いdTVと比べると、月額料金が4倍近くなりますね。

ここで躊躇してしまう方も多いかもしれません。


ただ、u-nextでは、毎月、1200円分のポイントが付きます

なので、実質、1000円以下でサービスを受けれるという感じになります。
(勿論、しっかりサービスを利用してる人に限りますが)


なので、追加料金を支払うということは、ほとんどないはずです。

新作映画、NHKオンデマンドなど、追加料金が必要な場合は、

全て、毎月貰える1200円分のポイントを使えばいいわけです。


尚、管理人もu-nextを利用しています。

雑誌を毎月、5冊ぐらい買っていたんですけど、それが全部でu-nextで読めるので助かっています。

映画もドラマも本当に充実していて、おすすめですね。