映画「グリーンブック」が2019年3月1日より始まります。

非常に注目されてる映画で公開が待ち遠しいですね。


ここでは、グリーンブックの原作があるのか?

あらすじやキャストについて、

吹き替えはあるのか?

面白いのか?つまらないのか?

評価や評判について調べてみました。



スポンサーリンク

グリーンブックに原作はあるの?

映画「グリーンブック」には原作はあるかですが、

原作はありません


ストーリーを考えてるのは脚本家となります。

尚、この映画は実話に基づいており、

実在した人物が登場しています。
(登場人物に関しては、こちらの記事で詳しく書きました⇒グリーンブックは実話!実在の人物であるトニーリップとドンシャーリーについて)


脚本家は、ニック・バレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリーの3人でかいており、

ニック・バレロンガは、映画の主人公の一人トニーリップの息子さんです。

ピーター・ファレリーは、この映画の監督を務めています。

グリーンブックの内容は?

こちらが映画「グリーンブック」の予告編。

映画の舞台は、1962年のアメリカ南部。

黒人のジャズピアニストであるドクター・ドナルド・シャーリーは、南部のコンサートに行く際、ドライバーと用心棒として、白人のトニー・リップを雇います。

トニー・リップは、イタリア系の元軍人。

ニューヨークの高級クラブで用心棒として働いていましたが、

クラブが改装閉鎖になり、無職になったところを雇われました。

その当時のアメリカは、人種差別が色濃く残っており、黒人は、グリーンブックという黒人用の旅行ガイドという本がありました。

2人はその本を頼りに南部の旅をしていきます。

トニー自体も当時の影響から差別主義者的なところがありましたが、

2人は衝突を繰り返しながらも、徐々に友情を深めていくという内容です。



スポンサーリンク

グリーンブックのキャストは?

映画「グリーンブック」のキャストはどうなっているでしょう。


ドライバーで用心棒のトニー・“リップ”・バレロンガの役には、

ビゴ・モーテンセン


そして、黒人のジャズピアニストのドクター・ドナルド・シャーリーの役には、

マハーシャラ・アリ




その他のキャストはこのようになっています。


ドロレス・バレロンガ:演 リンダ・カーデリーニ
オレグ:演 ディメター・マリノフ
ジョージ:演 マイク・ハットン
アミット:演 イクバル・セバ
ジョニー・ヴェネス:演 セバスティアン・マニスカルコ

グリーンブックには吹き替えはある?

映画「グリーンブック」に吹き替えはあるかですが、

吹き替えはありません。

グリーンブックは面白い?つまらない?評価や評判は?

映画「グリーンブック」は、面白いのか?つまらないのか?

評価や評判が気になるところ。


まず本国アメリカでの評価は非常に高いです。

たくさんの賞を受賞しています。


まずアカデミー賞の前哨戦となるゴールデングローブ賞ですが、

  • 作品賞(ミュージカル・コメディー部門)
  • 助演男優賞(マハーシャラ・アリ)
  • 脚本賞

を受賞しています。


次にアカデミー賞ですが、

ここでも、同じく

  • 作品賞
  • 助演男優賞
  • 脚本賞

を受賞しています。


カナダのトロント国際映画祭では、

観客賞を受賞しています。


ということで評価は本当に高い映画となっています。


ですが、内容がいかにもアメリカ的で、ローカル色の強い映画であり、

アメリカ人だから面白いと思えるんじゃないか?

という疑問もあると思います。


日本人が見ても面白いのか?

日本の観客の評価が気になるところですね。

試写会での評価や評判を見てみます。

ということで、2人の掛け合いが面白く、笑えて、泣ける、素敵な映画ということです。

ケンタッキーフライドチキンも食べたくなるようです。

日本人にとっても楽しめる映画となっているとのとのこと。

これは、面白そうです。

公開が楽しみですね。

まとめ

映画「グリーンブック」は、2019年3月1日より公開です。

吹き替えはありません。

グリーンブックは実話!実在の人物であるトニーリップとドンシャーリーについて



スポンサーリンク