「京都タクシードライバーの事件簿」が2019年2月4日に放送されます。

3月で終了がきまった月曜名作劇場ですが、

新作のドラマとなります。


ここでは、京都タクシードライバーの事件簿の原作について、

あらすじやキャストについて、

面白いのか?つまらないのか?

視聴者の評価や感想を調べてみました。



スポンサーリンク

京都タクシードライバーの事件簿の原作は?

京都タクシードライバーの事件簿には、原作があります。


原作は、鏑木蓮さんによる「思い出探偵」所収の「鶴を折る女」です。

思い出探偵【電子書籍】[ 鏑木蓮 ]

価格:730円
(2019/2/4 13:47時点)
感想(0件)

鏑木蓮さんは、1961年12月22日生まれ、京都府京都市出身の推理作家。

「京都・花街の女刑事 片岡真子シリーズ」、「思い出探偵シリーズ」、「イーハトーブ探偵シリーズ」などを書いています。


尚、ドラマの脚本は、真部千晶さんです。

京都タクシードライバーの事件簿のあらすじは?

京都タクシードライバーの事件簿のあらすじは、どうなっているでしょう。


ドラマの主役は、元敏腕刑事のタクシードライバー・実相浩二郎。

ある日、浩二郎は、乗客に50年前に変わった折り鶴を折った会った女性を探してほしいと頼まれる。

浩二郎は、仲間の協力を得て、徐々に目的の女性に近づいていく。

また、一方で殺人事件が起こる。

京都の竹林で絞殺された女性演歌歌手の死体が発見されたのだ。

その死体の傍らには、変わった折り方の折り鶴が見つかる。

50年前の折鶴の女性探しと殺人事件の謎を追って京都タクシーの大走査線が始まった。



スポンサーリンク

京都タクシードライバーの事件簿のキャストは?

京都タクシードライバーの事件簿のキャストはどうなっているでしょう。


上でご紹介したように主役は、元敏腕刑事のタクシードライバー・実相浩二郎

正義感が強く人情の厚い男。

この実相浩二郎を演じるのが、

内藤剛志さん。




茶川大助の姪で、捜査一課の茶川玲子刑事の役には、

芦名星さん。


浩二郎の幼馴染みで、現在は大学講師・茶川大助の役には、

三遊亭円楽さん。


実相浩二郎の妻の三千代の役には、

七瀬なつみさん。


京都在住の作詞家・比奈野ユリの役には、

樫山文枝さん。


その他のキャストはこのようになっています。


本郷雄高  :演 村上剛基
田村尚   :演 西田健
鈴木英昭  :演 山崎裕太
松島亜弥  :演 中島亜梨沙
足立行雄  :演 白井滋郎
下田里美  :演 山本南伊
北野小夜  :演 新澤泉
深水万佐人 :演 みやざこ夏穂

京都タクシードライバーの事件簿は面白い?つまらない?評価や感想は?

京都タクシードライバーの事件簿は、面白いのか?つまらないのか?

視聴者の評価や感想はどうなっているでしょう。

まとめ

月曜名作劇場「京都タクシードライバーの事件簿」は、TBS系で2019年2月4日(月)20時00分~22時00分 で放送されます。

原作は、鏑木蓮さんによる「思い出探偵」所収の「鶴を折る女」です。

内藤剛志出演の警視庁捜査一課長2019年1月スペシャルは評価や感想は面白い?キャストは?

内藤剛志出演の十津川警部シリーズ7(浜名湖)の感想や評価は?面白い?あらすじとキャストと原作は?



スポンサーリンク