映画「人魚の眠る家」がいよいよ公開されます。

人気作家の東野圭吾さんの同名小説の映画化で、

主演は篠原涼子さん。

夫婦役に西島秀俊さんが出演します。

やはり気になるのがロケ地ですね。

映画「人魚の眠る家」のロケ地は、山梨の甲府、千葉の東金、東京でも撮影されてるようです。

調べてみました。



スポンサーリンク

人魚の眠る家は山梨の甲府がロケ地に

人魚の眠る家は、山梨の甲府がロケ地になっています。


山梨の甲府のロケは、2018年1月14日と1月20日に行われています。

エキストラも募集していました。

主人公の夫の勤務先、ハリマテクスの社員と役員役だったということです。




ただ、具体的に甲府のどこだったかが、目撃情報がないようです。

映画公開後に、山梨の甲府に住んでる方なら、わかるかもしれません。

公開後のSNSを調べてみます。

人魚の眠る家は千葉の東金もロケ地に

人魚の眠る家は千葉の東金もロケ地になっています。





千葉の東金のロケは山梨ロケの前日の2018年1月13日に行われています。

これは、堤幸彦監督のブログでも書かれていました。


ただ千葉の東金のロケ地についても目撃情報はないようです。

こちらも映画の公開後に地元の方がわかるかもしれません。

公開後にSNSで調べてみます。



スポンサーリンク

人魚の眠る家は東京電機大学がロケ地に

人魚の眠る家は東京電機大学もロケ地になっています。

東京電機大学は、東京には北千住と神田、千葉、埼玉にもありますが、

北千住のキャンパスで撮影がおこなわれたようです。

2018年2月9日の撮影です。



東京電機大学千住キャンパスの住所は、東京都足立区千住旭町5

北千住駅降りて、すぐですね。

人魚の眠る家は浅草もロケ地に

人魚の眠る家は浅草もロケ地になっています。

西島秀俊さんの多数の目撃情報があります。

浅草の雷門通りのところと、少し離れたロック座前、でも撮影をしていたようです。

こちらが雷門通りの動画。

お祭りをしている時の様子です。

2018年の3月9日の撮影だったみたいですね。


雷門通りは、東京都台東区浅草1丁目にある通りで、

地図だとこちら。

浅草駅からすぐ近くですね。


次にこちらが浅草のロック座。

こちらの画像と一致しますね。

こちらは、つくばエクスプレスの浅草駅を降りてすぐの場所になります。

上のツイートにもあったように、近くには、演芸ホールなどもあります。

落語や漫才が見れる場所で、

萩本欽一さんやビートたけしさんもゆかりのある場所ということです。

ロック座のほうは大人の男性がいく場所のようですね。

人魚の眠る家は白金もロケ地に

人魚の眠る家は白金もロケ地になています。

白金では白金商店街で撮影されています。

こちらが白金商店街です。

その他のロケ地は?

人魚の眠る家のその他のロケ地としては、

新宿駅南口エリア、北区文化振興財団ココキタもロケ地となっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「人魚の眠る家」のロケ地について調べてきました。

山梨の甲府と千葉の東金はロケ地になっていることは間違いありませんが、

詳しい場所までは、わかりませんでした。

映画公開後に地元の方の情報があるかもしれません。

その他としては、東京での撮影が多く、

東京電機大学、浅草、白金などがロケ地となっています。

人魚の眠る家(映画)は面白い?つまらない?評判や評価は?原作や主題歌もチェック



スポンサーリンク