ドラマ「Aではない君と」がテレビ東京で2018年9月21日(金)20時54分~23時18分に放送されます。

テレビ東京が開局55周年ということで、特別企画ドラマスペシャルとなっています。


このドラマ「Aではない君と」は原作はどうなのか、

どのような内容のドラマか、

キャストは、

面白いのか?つまらないのか?評判や感想をチェックしてみました。



スポンサーリンク

ドラマ「Aではない君と」の原作は?

ドラマ「Aではない君と」には、原作があるのでしょうか。

原作は、薬丸岳さんの同名の小説です。

Aではない君と (講談社文庫) [ 薬丸 岳 ]

価格:842円
(2018/9/21 02:32時点)
感想(2件)

薬丸岳さんは、1969年8月26日生まれ、兵庫県明石市出身の推理小説作家。

1988年、駒澤大学高等学校を卒業後、

2005年の『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビューしています。


小説『Aではない君と』は、2016年の作品。

第37回吉川英治文学新人賞を受賞しています。


また、今年、『友罪』が生田斗真さんと瑛太さんのW主演で映画化されています。

かなり、重たい作品が得意な方のようです。

ドラマ「Aではない君と」の内容は?

ドラマ「Aではない君と」の内容は、どうなっているでしょう。

内容はこのようになっています。

大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤浩市)の元に前妻・青葉純子(戸田菜穂)から連絡が。離れて暮らす中2の息子・青葉翼(杉田雷麟)が同級生への殺人容疑で逮捕されたと言う。ネットに翼の実名などの個人情報が晒され、困惑した吉永は弁護士の長戸光孝(八嶋智人)を訪ねる。早速接見するも沈黙を貫き通す翼。父にも心の内を明かさない。記者・中尾(山本耕史)からの情報で、翼が過去に起こした万引き事件を収めたのが被害者の父で弁護士の藤井智康(仲村トオル)だと判明。そんな恩人の息子を殺したというのか…。翼の沈黙が災いし“逆送”つまり公開の法廷で刑事審判を受ける可能性が高まっていく。現状を打破すべく長戸は、お母さん弁護士・神崎京子(天海祐希)を紹介。神崎は献身的に吉永親子に向き合うが、翼に変化はない。やがて神崎は保護者が弁護士同様の立場となる『付添人制度』の存在を知り…。 息子の心の叫びに耳を傾け始める吉永。 翼は本当に殺人を犯したのか?

かなり重たい内容です。

自分の子供が“殺人の罪”に問われた時にどう向き合っていいかなんてわからないですよね。

映画『友罪』の時も思いましたが、薬丸岳さん原作の作品は、被害者視点でも加害者本人の視点でもないので、

面白いなと思います。

加害者の家族を扱うドラマというのは珍しいです。



スポンサーリンク

ドラマ「Aではない君と」のキャストは?

ドラマ「Aではない君と」のキャストはどうなっているでしょうか。


主役ですが、大手建設会社に勤める吉永圭一。

吉永を演じるのが、

佐藤浩市さん。

そして、吉永親子に向き合うお母さん弁護士・神崎京子には、

天海祐希さん。




その他のキャストはこのようになっています。


青葉純子    :演 戸田菜穂

野依美咲    :演 市川実日子

中尾俊樹    :演 山本耕史

長戸光孝    :演 八嶋智人

井川      :演 寺島進

瀬戸調査官   :演 安田顕

藤井智康    :演 仲村トオル

吉永克彦    :演 山崎努

青葉翼     :演 杉田雷麟

吉永美佐子   :演 紺野まひる

森田      :演 矢島健一

室田      :演 山崎銀之丞

大谷      :演 市川知宏

ドラマ「Aではない君と」は面白い?つまらない?評判や感想は?

ドラマ「Aではない君と」は面白いのか?つまらないのか?

評判や感想が気になります。

ドラマ放送後、視聴者の感想を調べます。

まず否定的な感想から。

こんなに見なきゃ良かったと思える胸くそ悪いドラマは初めてです。
まず被害者の少年の父親が苛つく。
いじめや動物虐殺をする(させる)最低の屑野郎の父親の癖に上から目線で怒鳴ってくるのが本当に気分悪かった。
加害者の少年も、どうせ殺すなら大切な猫を殺す前にどうにかしろよって感じだし…
どの登場人物も感情移入どころか好意の欠片すら抱けない
し、何が言いたいのか全然分からないとにかく猫とハムスターが可哀想なだけのドラマでした。

それと動物を殺す内容があるのだったら最初に教えて欲しかった。
不快感しか残らないので見なきゃよかった。

結局何がどうだったんだか。
それが理解出来なかった私が頭悪いってことで終了したんか。
なんかもやもやもや。
面白く見てたんだけど、なんだかなーとか何で?とかの感想しか残らない
私が馬鹿なんだろうか。。。

では、肯定的な感想のほうも。

こういうテーマは難しいけれど
とてもいい俳優陣で重みがあり
考えさせられるいいドラマに仕上がって
いますね。

ヤフーのほうでは、動物のシーンで腹が立っている人が多かったです。

肯定的な意見としては、重みがあって考えさせられるということです。

原作者が、このような重いものが得意のようですね。


SNSのほうも見てみます。

まとめ

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」は2018年9月21日(金)20時54分~23時18分で放送します。



スポンサーリンク