映画「食べる女」が2018年9月21日から公開されます。

ここでは、食べる女の原作について、

どのような映画の内容なのか?

キャストや監督は?

面白いのか?つまらないのか?評判や評価を調べてみました。



スポンサーリンク

食べる女の原作は?

映画「食べる女」には原作があります。

原作は、筒井ともみさんの短編小説集『食べる女』『続・食べる女』です。

食べる女 決定版 (新潮文庫) [ 筒井ともみ ]

価格:680円
(2018/9/18 23:57時点)
感想(0件)

筒井ともみ(本名:筒井 共美)さんは、1948年7月10日生まれ、東京都出身の脚本家で小説家です。

今回の映画「食べる女」では、脚本も担当しています。

映画「食べる女」はどんな内容?

映画「食べる女」はどんな内容でしょうか。

こちらは予告編です。

食をテーマに8人の女性の日常を描く映画です。

食と恋にまつわる個性ある生き様をコミカルに描きだしたストーリーが魅力的な映画です。



スポンサーリンク

映画「食べる女」のキャストや監督は?

映画「食べる女」のキャストはどうなっているでしょう。

まず8人の女性ですが、豪華な出演者となっています。

主役は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。雑文筆家のトン子こと餅月敦子です。

この餅月敦子を演じるのが小泉今日子さん。

トン子の家には、恋や人生に迷える女たちが毎晩のように集まってきます。

トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子には、

沢尻エリカさん。

ドドの飲み仲間でドラマ制作会社の白子多実子には、

前田敦子さん。

古着屋店員の本津あかりには、

広瀬アリスさん。

ごはんやの女将・鴨舌美冬には、

鈴木京香さん。

料理のできない主婦の豆乃・リサ・マチルダには、

シャーロット・ケイト・フォックスさん。

耳のパーツモデルで2児の母の米坂ツヤコには、

壇蜜さん。

BARロマの手伝いの茄子田珠美には、

山田優さん。

View this post on Instagram

今の時期は夏に浴びた紫外線で 髪にダメージを受けやすいので しっかりLe mentでヘアケア〜✨ 炭酸シャンプーで 髪と頭皮の汚れをしっかり落としてから 集中ヘアマスクを揉み込むと 毛先までしっとりツヤツヤ! 忙しくても自宅で 簡単にできるのが楽ちん♫ 前回わたしのストーリー限定の キャンペーンが好評だったようで 明日もやるので是非見てくださいね❤️ PLAZAにも売ってるのでチェックしてみてねー! #lement #ルメント #ルメンター #炭酸シャンプー #集中ヘアマスク #もこもこ泡 #ノンシリコン #plaza #サロン専売品

山田優さん(@yu_yamada_)がシェアした投稿 –

その他のキャストはこのようになっています。


タナベ     :演 ユースケ・サンタマリア
豆乃修治    :演 池内博之
白石      :演 勝地涼
友太      :演 小池徹平
矢々田     :演 笠原秀幸
シノザキ    :演 間宮祥太朗
哲太      :演 遠藤史也
米坂トキヲ   :演 RYO(ORANGE RANGE)
お客さん    :演 PANTA(頭脳警察)
淳       :演 真木蔵人


相関図はこちら。



尚、監督ですが、生野慈朗さんという方です。

「手紙」を撮られた監督です。

映画「食べる女」は面白い?つまらない?評判や評価は?

映画「食べる女」は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価が気になるところです。

試写会での評判や評価はどうだったでしょうか。

かなり皆さん面白いという評価が多かったです。

特に女性には、登場人物に共感できて面白いということです。

尚、子供は連れて行かない方がいいという声もいくつかありました。

詳しくはここでは書けませんが大人が見る映画ということです。

まとめ

映画「食べる女」は2018年9月21日より公開です。



スポンサーリンク