映画「プーと大人になった僕」が2018年9月14日から公開されます。

ここでは、プーと大人になった僕の原作について、

映画の内容について、

キャストや吹替や監督について、

面白いのか?評判や評価について、

調べました。



スポンサーリンク

プーと大人になった僕の原作は?

映画「プーと大人になった僕」には原作があります。

原作は、A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」

クマのプーさん全集 おはなしと詩 [ アラン・アレクサンダー・ミルン ]

価格:8,208円
(2018/9/11 22:35時点)
感想(4件)

くまのプーさんが実写映画化されるのは、なんと初めてのことということです。

さて、くまのプーさんというとぬいぐるみでも有名です。

くまのプーさん ふわモコ ぬいぐるみ (小) ディズニー【東京ディズニーランド限定】

価格:2,700円
(2018/9/11 22:52時点)
感想(9件)

最近だと、フィギアスケートの羽生結弦選手がくまのプーさんのぬいぐるみが大好きということで、

リンクにたくさんの祝福のプーさんが投げ込まれるシーンが有名ですね。


(出典:産経ニュース)

原作のくまのプーさんのファンや羽生選手のファンの方も、ぜひとも映画館に行きたいところですね。

プーと大人になった僕の内容は?

映画「プーと大人になった僕」は、どのような内容でしょうか。

こちらが予告の動画です。

少年クリストファー・ロビンは、「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」とプーと約束を交わして別れました。

彼は大人になり、結婚し、ロンドンで妻や娘と暮らしながら、旅行カバン会社のウィンズロウ社で多忙な日々を送っていました。

しかし、忙しすぎるゆえに家族との約束も守ることがきないで思い悩んでいると、

かつての親友プーとの奇跡的な再開を果たします。

プーとの再会で忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くファンタジードラマです。



スポンサーリンク

キャストや吹替は?

キャストや吹替はどうなっているでしょう。


まずキャストですが、

主役のクリストファー・ロビンですが、

スターウォーズシリーズでも有名なユアン・マクレガーさん。




クリストファー・ロビンの妻のイヴリン・ロビン役には、

ヘイリー・アトウェルさん。



クリストファー・ロビンの娘のマデリン・ロビン役には、

ブロンテ・カーマイケルちゃんとなっています。


さて、今回の吹替ですが、

注目すべきは、クリストファー・ロビン演じるユアン・マクレガーさんの声を担当するのが、

堺雅人さんということです。

こちら吹替版完成披露舞台あいさつの時の動画。

その他の吹替はこのようになっています。

イヴリン・ロビン – ヘイリー・アトウェル⇒園崎未恵さん

プー – ジム・カミングス⇒かぬか光明さん

ティガー – ジム・カミングス⇒玄田哲章さん

イーヨー – ブラッド・ギャレット⇒石塚勇さん

ピグレット – ニック・モハメッド⇒小形満さん


次に監督ですが、、「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督です。

プーと大人になった僕は面白い?評判や評価は?

映画「プーと大人になった僕」は、面白いのでしょうか。

評判や評価が気になりますね。

試写会でも評判や評価をチェックしてみます。

皆さん癒されたとかほっこりしたという意見が多いですね。

また吹替のほうをお勧めしている人も多かったです。

これは楽しみですね。

まとめ

映画「プーと大人になった僕」は2018年9月14日から公開です。



スポンサーリンク