幸田もも子さんの漫画作品の映画化である「センセイ君主」が2018年8月1日から公開されます。

モテない女子高生ヒロインの佐丸あゆはが、担任の代理できたイケメン数学の先生の弘光由貴先生に恋をしてしまうという内容です。

最初、高校生など相手にできないと言われますが、

絶対、落として見せると猛アタックを仕掛けていきます。

恋の行方が気になりますね。

内容も面白そうですが、やはり気になるのがロケ地ですね。

兵庫県の神戸などが主なロケ地になっています。

では、センセイ君主では、どこがロケ地になっているか見ていきましょう。



スポンサーリンク

神戸の三田祥雲館

神戸の三田祥雲館の高校がロケ地になっています。

三田祥雲館ですが、外観がとてもお洒落な高校です。


(出典:wikipedia)

三田祥雲館高校の住所は兵庫県三田市学園1丁目1番地。

三田祥雲館は、まだ新しい高校で、2002年に開校しています。

偏差値は61の進学校ということです。

本当にお洒落な高校ですね。

こんなところに通えたら素敵な高校生活になりそうです。

神戸女学院

神戸女学院もロケ地になっています。

神戸女学院大学も神戸らしいお洒落な学校ですね。


(出典:wikipedia)

神戸女学院大学の住所は、兵庫県西宮市岡田山4-1。

神戸という名前が神戸にあるわけではないんですね。

元々は、アメリカから来日したキリスト教宣教師イライザ・タルカットとジュリア・ダッドレーにより1875年(明治8年)、兵庫県神戸市神戸区(現在の中央区)に開校されましたが、その後、1933年に現在の西宮市に移ったとのことです。


キャパス内には、神戸女学院中学部・高等学部が併設されていて、

関西学院大学教育学部が隣接されています。



スポンサーリンク

神戸の北野異人館

神戸の北野異人館街もロケ地になっています。

北野異人館街のスタバで撮影をしたようですね。

北野異人館街は、かつて外国人が高台に邸宅を立てたところで、

今も異国情緒あふれる魅力的な場所となっています。

ぜひ神戸に観光に行った際は、行ってみたいところです。

デートにもよさそうなところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「センセイ君主」の兵庫県や神戸でのロケ地をご紹介しました。

撮影は神戸だけでなく東京のほうでも行われています。

ですが、学校でつかわれた三田祥雲館や神戸女学院がとても印象的ですね。

学校が異国情緒あふれる感じで映画もお洒落な感じに仕上がっています。

これは楽しみですね。

映画「センセイ君主」は、2018年8月1日から公開します。

センセイ君主(映画)は面白い?つまらない?評判や評価は?原作はあるの?



スポンサーリンク