2019年3月16日に放送の「炎の体育会TV」。


高校バスケ界の天才で美女日本代表の藤本愛妃選手が登場します。

美人で将来が楽しみな選手ということで、

一体どんな選手なのか?

高校や大学は?

また、両親(父親・母親)も凄いということで、

両親について、

妹についてもご紹介すます。



スポンサーリンク

藤本愛妃のプロフィール




名前:藤本愛妃(ふじもとあき)

生年月日:1988年2月11日

出身地:徳島県徳島市

身長:179㎝

体重76㎏

藤本愛妃の高校は?

藤本愛妃選手の卒業高校ですが、

桜花学園高等学校

桜花学園高等学校は、愛知県名古屋市昭和区にある、私立の女子高。

この高校は、女子バスケの強豪として知られています。

1986年に井上眞一監督就任してからは、全国タイトルを全国高校女子最多の計64回獲得しており、

有名なバスケの選手を多数輩出しています。


藤本愛妃選手も出身が徳島ですが、名古屋にある桜花学園でプレーしています。

藤本愛妃選手の高校での成績ですが、

控えのセンターだったそうです。

スタメンとして活躍した時期もありましたが、怪我があったようですね。

高校では、かなり苦しい体験もしたようです。



スポンサーリンク

藤本愛妃の大学は?

高校は怪我で苦労した藤本愛妃選手。

大学は、東京医療保健大です。

この大学で才能が開花。

2017年には、ユニバーシアード日本代表で銀メダル

得点源としてチームに貢献。

2017年と2018年でインカレ2連覇も達成しています。

こちらが、優勝した瞬間の動画です。

藤本愛妃の両親(父親・母親)が凄い

藤本愛妃選手の両親(父親・母親)が凄いです。

父親はイチローともプレー

藤本愛妃選手の父親の名前は、藤本俊彦さん。


1971年5月1日生まれ、の元プロ野球選手

オリックスでプレーしていました。

父親も徳島の出身で、徳島県立徳島商業高等学校からドラフト4位で、オリックスに入団しています。

結局、2年目に4試合出場しただけで1995年に引退していますが、

この時期のオリックスと言えば、あのイチロー選手がいた時期ですね。

父親は、イチロー選手と一緒にプレーした選手ということになります。


引退後ですが、故郷の徳島に帰り、実家の造園業を継いだそうです。

母親は五輪出場選手

藤本愛妃さんの母親の名前は、山内美加さん。

元バレーボールの選手です。


1969年10月7日生まれですので、母親の方が父親より年上になりますね。

出身は、 秋田県由利郡大内町(現由利本荘市)。

秋田県立由利高等学校卒業後、1988年ダイエーバレーボール部に入部。

1995年第1回Vリーグでは、ダイエー悲願の初優勝に貢献。

日本代表にも選出され、2度もオリンピックに出場しています。


引退後は、バレーボールの解説やバレーボール教室の指導者として活躍しています。

藤本愛妃の妹も凄い

藤本愛妃選手の妹ですが、

妹もバスケットボールの選手

妹の名前は、藤本愛瑚選手。


こちらが妹さんが話してる動画。




妹は、1999年10月1日生まれ。

勿論、徳島の出身。

妹もまた高校が、桜花学園高等学校

妹は高校で大活躍。

2年の時にはインターハイと国体、ウィンターカップの3冠を達成しています。

高校の頃は、超高校級と騒がれたようです。


妹の方は、大学には進学せず、

昨年からJX-ENEOSサンフラワーズに入団しています。


アスリートの兄弟、姉妹を調べていますと、

ほとんどが弟と妹が上を追い抜き、成功するケースばかりですが、

この姉妹はどうなんでしょうね。


どちらも将来が楽しみですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


2019年3月16日に放送される「炎の体育会TV」。

この番組には、バスケの藤本愛妃選手が登場します。


徳島出身で、高校は、桜花学園高等学校。

高校時代は、怪我で苦しい想いをしましたが、東京医療保健大で才能が開花しています。


両親のアスリートで、父親は元プロ野球選手でイチロー選手の元チームメート。

母親は、バレーボールの選手で、2度のオリンピック出場。

妹もまた、バスケの選手で、高校から大活躍、

現在は、JX-ENEOSサンフラワーズでプレーしています。



スポンサーリンク