映画「運び屋」が2019年3月6日より公開されます。


映画界の巨匠クリント・イーストウッドの作品となります。

今回は、監督としてだけでなく、俳優としても出演しています。

なんと88歳にられており、

今年の5月には89歳ということです。


この年で、映画監督をやり、尚且つ俳優までするのは驚異的ですね。


尚、映画「運び屋」ですが、モデルとなる人物がいます。

レオ・シャープという人物です。

この映画は、実際に実在したレオ・シャープの実話に基づいて作られています。


ここでは、原作はあるのか?

レオ・シャープとは、一体、どのような人物だったのか?

調べてみました。



スポンサーリンク

運び屋の原作は?

映画「運び屋」の原作はあるのでしょうか。


原作ではなく、原案となった記事があります。

その記事とは、

『ニューヨーク・タイムズ』のサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule」です。

この記事は、2014年6月15日のニューヨーク・タイムズに載りました。


記事には、なんと87歳で、麻薬の運び屋をするレオ・シャープのことが紹介されました。

インペラティブ・エンターテイメントが、この記事の権利を買い取り、映画化に着手。

脚本は、 ニック・シェンクが書いています。

映画では、レオ・シャープがアール・ストーンとなり、

この役をクリント・イーストウッドが演じています。



スポンサーリンク

レオ・シャープはどんな人?

レオ・シャープはどんな人なのでしょう。


レオ・シャープは、1924年、インディアナ州ミシガン・シティに生まれ、ミシガン州デトロイトで育ちました。

高校を卒業してからは、アメリカの軍隊に入隊し、第88歩兵師団に所属。

イタリア戦線では活躍をして、ブロンズスターメダルを授与しました。


その後、レオ・シャープは、世界で最も尊敬される園芸家の一人となります。

彼は、デイリリーの栽培を専門とし、

新種の栽培をするやり手の農場経営者となりました。

彼の花はホワイトハウスでさえ成長したとのこと。

ジョージHWブッシュ大統領に、バラ園で彼のデイリリーを植えるために招待されたこともあったそうです。


しかし、フラワー事業は、新しいビジネススタイルに変わっていきました。

ネット時代となり、顧客がネット経由で種子を購入するようになったのです。

シャープは、その時代の変化に適応することはできませんでした。


ついに、シャープは、シナロア・カルテルの運び屋に就きます。

シナロア・カルテルは、メキシコの犯罪組織で、麻薬カルテル

メキシコ国内最大の犯罪組織です。


シャープは、シナロア・カルテルからとても信頼されていたようです。

合法な身分証を持っており、年配であり、犯罪歴もありませんでしたので、

運び屋によかったのかもしれませんね。


シャープ2011年まで麻薬の運び屋を務め、合計1,400ポンド以上の麻薬を運んだそうです。


2011年10月、200ポンドのコカインを所持していた87歳のシャープは、ミシガン州警察によってDEAが率いる協調逮捕作戦で逮捕されました。


2016年12月12日、シャープは92歳で死去。

彼の遺体は国立太平洋記念墓地に埋葬されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


2019年3月8日から公開される映画「運び屋」。

この映画には、モデルがいて、それがレオ・シャープという人物。

世界で最も尊敬される園芸家の一人となりながらも、

麻薬の運び屋となり、87歳で捕まった人物です。


映画では、レオ・シャープをアール・ストーンという名前にして、

今年、89歳となるクリント・イーストウッドが演じます。


レオ・シャープの人生もびっくりしますが、

この年で映画の監督をして、主演までしてしまうクリント・イーストウッドも凄いですね。

運び屋(映画)は面白い?つまらない?感想や評価は?あらすじやキャストや吹き替えも



スポンサーリンク