映画「フォルトゥナの瞳」が2019年5月19日に公開されます。


ここでは、映画の原作について、

あらすじや配役について、

泣ける?感動する?面白い?など、

映画を鑑賞した人の評価や感想について、

調べてみました。



スポンサーリンク

フォルトゥナの瞳の原作は?

映画「フォルトゥナの瞳」には、原作があります。


原作は、百田尚樹さんの同名小説「フォルトゥナの瞳」です。

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) [ 百田尚樹 ]

価格:766円
(2019/2/13 18:45時点)
感想(7件)

百田尚樹さんは、1956年2月23日生まれ、大阪府大阪市出身。

放送作家を経て、2006年に「永遠の0」で小説家デビューしています。


「永遠の0」は、大ヒット作となり、

映画化もされていますね。

当時、泣ける感動するといわれて、かなり話題になりました。

フォルトゥナの瞳はどんな映画?

映画「フォルトゥナの瞳」の内容です。

こちらが予告編動画。

あらすじは、このようになっています。


木山慎一郎、幼少期に飛行機事故で家族を失ってしまい、友達も恋人もつくらず仕事のみに生きてきた。

しかしある日、慎一郎は、「死を目前にした人間が透けて見える能力」の「フォルトゥナの瞳」を持っていることに気づき、

生活が一変、なぜこのような力をもったのか苦悩する日々が続く。

そんな日々の中、慎一郎は、桐生葵という女性に出会う。

孤独だった慎一郎の初めての人生の彩りだった。

お互いに惹かれ合った2人は、幸せな日々を過ごすが、

慎一郎には、葵の身体が突然透け始めてしまう。


運命が見える慎一郎と死の運命に導かれる葵が織りなすラブストーリーとなっています。



スポンサーリンク

フォルトゥナの瞳の配役は?

映画「フォルトゥナの瞳」の配役はどうなっているでしょう。


映画の重要な登場人物は2人。

上でご紹介したように、「フォルトゥナの瞳」をもつ木山慎一郎と死の運命に導かれる桐生葵です。


木山慎一郎の役には、神木隆之介さん。

25歳にして、キャリアが20年という俳優です。


次に桐生葵には、有村架純さん。

国民的女優といわれていますね。




その他の配役はこのようになっています。


慎一郎が勤務するGARAGE ENDOに勤める青年の金田大輝の役には、

志尊淳さん


GARAGE ENDOの常連客の宇津井和幸の役には、

DAIGOさん


GARAGE ENDOに勤めていた慎一郎の同僚の植松真理子の役には、

松井愛莉さん。


慎一郎の主治医の黒川武雄の役には、

北村有起哉さん。


GARAGE ENDOの社長の遠藤哲也の役には、

時任三郎さん。


遠藤の妻の遠藤美津子の役には、

斉藤由貴さん。

フォルトゥナの瞳は評価や感想は?

映画「フォルトゥナの瞳」の評価や感想はどうなっているでしょうか。

泣ける、感動する映画を期待して観に行く方がほとんどのようです。

実際に感動して泣ける映画なのか?

試写会での評価を見てみました。

試写会では、感動で泣いてしまった方も多いようです。

これは楽しみですね。

まとめ

映画「フォルトゥナの瞳」は、2019年2月16日から公開です。

フォルトゥナの瞳の奈良のロケ地は奈良公園や桜井の病院、橿原、榛原、葛城で撮影



スポンサーリンク