映画「アクアマン」が2019年2月8日より公開です。


ここでは、映画「アクアマン」の原作について、

あらすじについて、

キャストや吹き替えについて、

監督について、

面白いのか?つまらないのか?評価について、

調べてみました。



スポンサーリンク

アクアマンの原作は?ジャスティス・リーグにも参戦

映画「アクアマン」には、原作があります。


原作は、アメリカのDCコミックスの出版するコミックです。

コミックの主役が、アクアマン。

架空のスーパーヒーローで、

水と陸の両棲の海底人であり、水棲生物とテレパシーで意思疎通ができます。


尚、アクアマンは、スーパーマンやバットマンなどが参戦する2017年に公開された映画「ジャスティス・リーグ」にも参戦しています。


今回の映画「アクアマン」を見て、「ジャスティス・リーグ」もてみたいという方は、

u-nextで観ることができます。

月額1990円とポイント432円分が必要になりますが、

今なら一か月無料サービスと無料期間の600円分のポイントのプレゼントがありますので、

無料サービスと無料で貰えるポイントを使い、

31日間以内に解約してしまば、無料で「ジャスティス・リーグ」が見れてしまいます。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

アクアマンのあらすじは?

映画「アクアマン」の予告編はこちら。

映画「アクアマン」のあらすじはこのようになっています。


主人公のアクアマン。

父は人間で、母はアトランティスを築いた海底人。

アクアマンは、人間として地上で育てられた。

やがてアトランティスが人類を征服しようとして地上に攻め込み、

アクアマンは、アトランティスとの闘いに身を投じていく。



スポンサーリンク

アクアマンのキャストや吹き替え

映画「アクアマン」のキャスト、また吹き替えもありすので、

ご紹介します。


主人公のアクアマンを演じるのが、ジェイソン・モモア

『スターゲイト アトランティス』のロノン・デックス役、『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール・ドロゴ役、『コナン・ザ・バーバリアン』のコナン役で有名です。

吹き替えは、安元洋貴さん。




海底国ゼベルの王女のメラの役には、

アンバー・ハード

吹き替えは、田中理恵さん。




アトランティス帝国に支える参謀のヌイディス・バルコの役には、

ウィレム・デフォー

吹き替えは、多田野曜平さん。




アトランティス帝国の若き王・オームの役には、

パトリック・ウィルソン

吹き替えは、中村悠一さん


アクアマンの母のアトランナの役には、

ニコール・キッドマン

吹き替えは、沢城みゆきさん。


メラの父親で海底国ゼベルの王のネレウスの役には、

ドルフ・ラングレン

吹き替えは、広瀬彰勇さん。

アクアマンの監督は?

映画「アクアマン」の監督ですが、

ジェームズ・ワン監督。




ジェームズ・ワン監督は、1977年2月26日生まれの41歳。

オーストラリアの映画プロデューサー、映画監督、脚本家

生まれは、マレーシアのクチン

中国系の方ということです。

幼少期にオーストラリアのパースへ移住しています。


これまでは、ホラーの作品をとることが多く、

『ソウ』、『インシディアス』、『死霊館』などのシリーズが有名の監督です。

アクアマンは面白い?つまらない?評価は?

映画「アクアマン」は、面白いのか?つまらないのか?

評価が気になりますね。

どこを見ても高評価ばかりで、本当に楽しみな映画ですね。

まとめ

映画「アクアマン」は、2019年2月8日より公開です。



スポンサーリンク