映画「十二人の死にたい子どもたち」が2019年1月25日より公開します。

いろいろな理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女。

しかし、いるはずのない13人目の少年の死体を見つけたことから犯人捜し始まる映画です。



この映画「十二人の死にたい子どもたち」の舞台が閉鎖された病院です。

この病院の撮影場所が気になりますね。

調べてみました。



スポンサーリンク

十二人の死にたい子どもたちの病院のロケ地は?

十二人の死にたい子どもたちの予告動画です。

映画では、ほとんど病院のシーンになるようですね。

この廃病院のロケ地ですが、

群馬県藤岡市にある病院の公立藤岡総合病院です。

ロケ地の病院は実際に廃病院?

映画「十二人の死にたい子どもたち」のロケ地は、群馬の藤岡にある公立藤岡総合病院ということですが、

住所は、〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡942−1。

地図はこちら。

最寄り駅はJR東日本八高線群馬藤岡駅。

病院まで約1キロくらい離れていて、徒歩15分くらいでつけるようです。


尚、外観はこのような感じです。

ということで、映画の撮影場所となった公立藤岡総合病院は、すでに廃病院となっています。

映画では、閉鎖された廃病院が舞台になりますが、

実際に廃病院がロケ地になるとは、凄いですね。


映画「十二人の死にたい子どもたち」を制作する際、撮影スタッフが全国のフィルムコミッションにコンタクトをとり、必死にロケ地を探し回った末に見つかった廃病院ということです。



スポンサーリンク

公立藤岡総合病院は移転して別の場所に

尚、群馬の藤岡にある公立藤岡総合病院ですが、

現在は、附属外来センターがあるところに再統合され、

移転しています。

現在の住所が、〒375-8503 群馬県藤岡市中栗須813番地1。

地図はこちら。

旧公立藤岡総合病院の方が、駅からは近いですね。

新しい病院は、最寄り駅が北藤岡駅になり、

徒歩だと30分くらいかかってしまうようです。

車かバスで行くしかありません。

まあ、病気の時は、徒歩は辛いですから、関係ないですかね。



尚、病院の外観は、このようになっています。

十二人の死にたい子どもたちのロケ地はタイミングが良かった?

今回、映画「十二人の死にたい子どもたち」のロケ地となった公立藤岡総合病院ですが、

附属外来センターの場所に移転したのが、平成29年(2017年)11月1日。

ということで、つい最近のことです。

なので、備品が揃っており、電気も通じていたとのこと。

とてもポテンシャルの高いロケ地になったようです。


尚、旧公立藤岡総合病院ですが、

今後、どうなるかわからないようです。

調査中、検討中ということです。


旧公立藤岡総合病院が映画のロケ地になるのは、今回だけということにもなるかもしれませんね。

まとめ

映画「十二人の死にたい子どもたち」のロケ地ですが、

群馬の藤岡にある公立藤岡総合病院でした。


旧公立藤岡総合病院は、2017年に附属外来センターの場所に移転をしたばかりで、

備品も電気を使用できるポテンシャルの高い廃病院だったということです。


最寄り駅は、JR東日本八高線群馬藤岡駅。

徒歩15分ほどの場所です。

十二人の死にたい子どもたち(映画)は怖い?面白い?評価や評判は?原作やキャストは?



スポンサーリンク