映画「グリンチ」が2018年12月14日から公開されます。


映画「グリンチ」には、原作もあり、

2010年にも映画化されています。


ここでは、原作について、

2000年の映画「グリンチ」について、

また、2018年の映画「グリンチ」について、

吹替について、

面白いのか?つまらないのか?

評判や評価についても調べてみました。



スポンサーリンク

映画「グリンチ」の原作は?

2010年と2018年の映画「グリンチ」には、原作があります。

原作は、1957年のドクター・スースの児童文学『いじわるグリンチのクリスマス』です。

How the Grinch Stole Christmas! Pocket Edition (Dr. Seuss) (Dr. Seuss)【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】

価格:1,890円
(2018/12/12 21:30時点)
感想(0件)

ドクター・スース(1904年3月2日~1991年9月24日)のアメリカ合衆国の絵本作家、画家、詩人、児童文学作家、漫画家です。

児童文学に大きく発展した人ではあるのですが、、、

調べてみますと日本人にとっては少し気になるところも。


第二次世界大戦中、プロパガンダの漫画を書いており、

日系アメリカ人を出っ歯、眼鏡をかけ、釣り上がった目で描き日系人弾圧を扇動した過去があるとのことです。

映画「グリンチ」は2010年にも

映画「グリンチ」ですが、2000年にも制作されています。

グリンチ【Blu-ray】 [ ジム・キャリー ]

価格:1,500円
(2018/12/12 22:39時点)
感想(0件)

こちらは主演がジム・キャリー。

監督は、ロン・ハワード。

特殊メイクはリック・ベイカーが担当し、アカデミー賞ではメイクアップ賞を受賞しています。

映画「グリンチ」2018はどんな映画?

2018年の映画「グリンチ」はどのような内容になっているでしょう。

こちらが予告編です。

幼い頃はつぶらな瞳が愛らしかったが、成長してすっかりひねくれてしまったグリンチ。洞窟の中で暮らす彼は、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちに意地悪ばかりして楽しんでいた。いつも不機嫌で孤独なグリンチは、村人たちが大好きな「クリスマス」を盗んでしまおうと思いつくが……。



スポンサーリンク

映画「グリンチ」2018の吹替は?

映画「グリンチ」2018の吹替はどうなっているでしょう。


まず主役でひねくれもののグリンチの声ですが、大泉洋さんです。

娘さんに喜んでほしいと頑張ったそうです。




シンディ・ルーの吹替は、横溝菜帆ちゃん。

綾瀬はるかさん主演ドラマ「義母と娘のブルース」で話題になった子役ですね。




大男のブリクルバウムの声はお笑いタレントでロバートの秋山竜次さん。




ドナの声は、さん。

ナレーターの声は、宮野真守さんとなっています。


尚、英語版のほうはこのようなキャストになっています。


グリンチ      :声 ベネディクト・カンバーバッチ
シンディ・ルー   :声 キャメロン・シーリー
ブリクルバウム   :声 ケナン・トンプソン
ドナ        :声 ラシダ・ジョーンズ
ナレーター     :声 ファレル・ウィリアム

映画「グリンチ」2018年の評価や評判は?

映画「グリンチ」2018年の評価や評判はどうなっているでしょう。

試写会の評価や評判です。

ぜひお子さんと一緒に見に行きたい映画ですね。

まとめ

2018年の映画「グリンチ」は、12月14日から公開されます。



スポンサーリンク