12月11日の「有田哲平の夢なら醒めないで」に乃木坂46高山一実さんが登場します。

高山一実さんですが、番組では小説を書いていることが紹介されます。

かなり評判になっている小説のようです。

ここでは、一体どのような小説なのか?

面白いのか?つまらないのか?

評判や評価はどうなってるか調べてみました。



スポンサーリンク

高山一実のプロフィール

名前:          高山一実(たかやま かずみ)

生年月日:        1994年2月8日

出身地:         千葉県南房総市

身長:          162㎝

血液型:         A型

事務所:         乃木坂46合同会社

高山一実の小説とは?

高山一実さんが書いた小説ですが、

「トラペジウム」という題名の小説です。


内容はこのようになっています。

文芸小説ということのようです。

高山一実の小説は売れてるの?

高山一実さんの小説ですが、11月28日販売されました。

爆発的な売り上げとなっているようです。


各種のランキングでは1位を獲得し、発売前重版1万部を行ったようですが、それでも完売店が続出しているということです。

発売日翌日にも3刷3万部が決定しています。

凄いですね。



スポンサーリンク

高山一実の小説は小説家からの評価も高い?

高山一実さんの小説「トラペジウム」ですが、

文芸小説家からの評価も高いようです。

2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞し、

テレビタレントとしても活躍する羽田圭介さんは、高山一実さんの小説をこのように評価しています。

「時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い」

また、2004年、『遮光』で第26回野間文芸新人賞を受賞し、、

2005年、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞を受賞、

そして2010年、『掏摸<スリ>』で第4回大江健三郎賞を受賞している中村文則さんはこのように評価しています。

「これは一つの青春の終わりから、次の青春へ向かう物語」

中村文則さんは、海外でも評価の高い作家です。

このような方たちから評価知れるなんて凄いですね。

読者からの評判は?

では、実際に高山一実さんの小説「トラペジウム」を購入して、読んだ方の評価や評判はどうなっているでしょう。


Amazonでは、ほとんどの方が星5つの評価。

Amazonでの評価をみてみますと、

  • アイドルと思って高を括っていたら、どんどん引き込まれていった
  • 著者の情熱や経験や思慮深さを感じた
  • アイドルが考えていることがわかった
  • 現役、アイドルだからこそ書ける小説

などの書き込みがありました。


SNSでも評判になっていて、

SNSでも面白いという声があふれています。

皆さん、読み始めたら没頭して一気に読めてしまうようです。

読みたいけど、手に入らないという声も多数ありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


乃木坂46高山一実さんの小説「トラペジウム」が発売されました。

凄まじい反響で、現在、売り切れ状態となっています。

評価も非常に高い小説となっています。

文芸小説ということですので、

もしかすると、芥川賞を受賞するなんてこともあるかもしれませんね。

今後は、映画化も当然、あるかもしれません。



スポンサーリンク

当分、手に入らないようですが、いずれ読んでみたいですね。