12月3日に放送される「有吉ゼミ」に今年、中日で見事に復活した松坂投手と上重アナが登場します。

松坂投手と上重アナは、仲がいいようですが、

どのような仲なのでしょうか。

ここでは、野球の甲子園での対決について、

また対談なども多いようなので、

その内容について調べてみました。



スポンサーリンク

松坂と上重は甲子園で対決

松坂投手というと甲子園での活躍も有名ですが、

上重アナもまた高校生の頃は野球選手であり名門PL学園のエースとして1998年の夏の甲子園に出場しました。


松坂投手の横浜高校と上重アナのPL学園は、準々決勝で対決。

この闘いは、選抜の準決勝の再現となり優勝候補同士の注目された試合でしたが、

甲子園に歴史に残るような戦いとなりました。


試合は、なんと延長17回まで進むという試合ニュースなり、

結局、横浜高校が勝利しています。


後に、朝日文庫より「ドキュメント横浜vs.PL学園」として、本になったり、

ドキュメント横浜vs.PL学園 (朝日文庫) [ アサヒグラフ編集部 ]

価格:604円
(2018/12/3 15:08時点)
感想(6件)


テレビ番組でも、この試合について特集が組まれたりしています。


松坂投手は、その後、プロ野球の西武に進み大活躍、メジャーにまで上り詰めました。

一方、上重アナは、立教大学に進み、野球を続けましたが、

怪我をしてしまい野球を断念。

高校時代の甲子園出場時にインタビューを受けた経験がアナウンサーを目指すきっかけとなり、

日本テレビのアナウンサーになりました。

松坂投手と上重アナは今でも仲がいい?

このような戦いを2人なので、その後もずっと仲は良いようです。


現在も食事やゴルフに出かけるなど、交流を続けているそうです。

尚、上重アナによると、松坂投手は生粋の負けず嫌いだそうで、

どの勝負でも勝たないと気がすまないと話をしています。


ボーリングなども一緒にするそうですが、

松坂投手は利き手を使わずに左手で投げたそうです。

上重アナは利き手の右で投げたので、当然、上重アナが圧勝とのこと。

しかし、松坂は勝つまでやめず、朝の4時まで20ゲームもピンを倒し続けたそうです。


面白いエピソードですね。



スポンサーリンク

松坂投手と上重アナの対談も多い

松坂投手と上重アナはプライベートだけでなく、仕事でも選手とアナウンサーという関係で対談することが多いです。


対談といっても、プライベートで付き合いがあるので、

上重アナが松坂選手のことについて解説するというケースが多いようです。

仲がいいということで、松坂選手は、上重アナに弱音を吐いたりすることもあたようです。

松坂投手がプライベートで上重アナに自分の内面を語った2つのエピソードがあります。


故障でなかなか試合で投げれなかったソフトバンク時代、

松坂投手はかなり精神的に追い込まれれていたようで、

このようなことを上重アナに告白しています。

これは、番組で上重アナが言った言葉です。

「ソフトバンクの日本で一軍で唯一投げた試合にお会いした時に初めてマウンドで頭が真っ白になって自分で何をしているかわからなかった」

「特に去年は本当にいろんな全国各地のここにいいお医者さんがいるといえばそこに行ったり、ここのリハビリ施設がいいと言えば本当に全国にいっていて、それでもよくならなくて、ボソッとご飯食べている時に、『どうやった治るのかな?』といった時、初めて弱っている松坂大輔をみたんですよ、18年、20年の付き合いになりますけど」

このようなことをいえる関係というのは、本当に素敵ですね。

本当に2人の親密なを感じさせる対談でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

12月3日の「有吉ゼミ」に中日の松坂投手と上重アナが出演します。

ここではそんな2人の野球の甲子園での対決について、

対談について、

仲のよさについて書いてきました。

弱音も関係ということで、本当に素敵な関係ですね。

「有吉ゼミ」でもお2人の面白いトークが見れそうです。

松坂大輔の性格は良い?悪いの?面白いし優しいと評判?

上地雄輔は野球が凄い?実力は?松坂大輔との仲はいい?



スポンサーリンク