イケメンタレントの上地雄輔さん。

スポーツ関連の番組でもよく出演されます。

野球の名門校の横浜高校ということで、

高校の野球部関連の話でも、よくテレビ出演されていますね。

この間は、「消えた天才」で取り上げられた丹波慎也さんについて話されるために、テレビ出演されていました。

12月1日の「炎の体育会TV」では、今年、見事な復活を遂げた松坂大輔さんとの対決が見られるようです。

ここでは、実際のところ、上地雄輔さんの野球の実力は凄いのか?

松坂大輔さんととの関係や仲はどうなのか?

調べてみました。



スポンサーリンク

上地雄輔のプロフィール

名前:           上地雄輔(かみじ ゆうすけ)

生年月日:         1979年4月18日

出身地:          神奈川県横須賀市

身長:           178㎝

血液型:          O型

事務所:          ジャパン・ミュージックエンターテインメント

上地雄輔は野球の実力が凄い?

上地雄輔さんですが、実際に野球の実力はすごいのでしょうか。


実際に野球はすごいようです。

中学の頃から、野球は凄く、

高校の野球名門校から38校の野球推薦の話があったそうです。


これは凄いですね。

上地雄輔さんは、当初、茨城の常総学院に行きたかったそうです。

当時の常総学院は木内監督という有名な監督がいたので、

その指導を受けたいと思っていたとのこと。


しかし、中3の夏の神奈川県予選で、丹波投手を見て、横浜高校にいくこを決めました。

3名しかいない野球特待生としての入学だったそうです。

ということで中学の段階では、完全にプロにも行ける実力だったということかもしれません。

横浜高校といえば、松坂選手の時代が有名ですが、

上地雄輔さんは、松坂さんの一つ上ということになります。


高校に入学すると、1年の春から練習試合に出場していたそうです。

これだけの名門校で1年春から試合に使われるということは、

さすがに3名しかいない野球特待生ですね。


当時想いだし、本人も「将来にめちゃくちゃ自信がありました(笑)」といってます。

しかし、上地雄輔さんは、2年で怪我をしてしまい10か月のリハビリ生活ということになります。

結局、この怪我が響き、プロにもいけず、野球を諦めることになりました。


上地雄輔さんは、怪我さえなければプロ野球にいけたという評価もあるようですが、

実際のところ、本人はどう思っているのでしょう。

このことについて冗談ではなく真面目にインタビューをされたことがありますが、

「いえいえ。それは言い訳です。無理だと思いますけど。確実の怪我さえしてなければこの仕事(芸能)をしてな方と思います。」

と答えいます。

もし怪我さえなくれば、プロにいけたかは分かりませんが、大学や社会人に行って野球を続けていたようですね。



スポンサーリンク

上地雄輔と松坂大輔の仲は?

上でも書きましたが、上地雄輔さんは、松坂大輔選手の一つ上となります。

なので、先輩後輩の仲となります。

横浜高校では、投手と捕手という関係でバッテリーを組んで、

試合に出場した試合もあります。


上地さんの想い出で面白いエピソードがあります。

高校時代、横浜高校は部長からデータを叩きこまれるため、

バッテリーの関係は捕手が主導になっていたそうです。

また、上地さんはリードで信頼されていたので、

上地さんのリードで首を振る人はいなかったそうです。


ところが一度、後輩の松坂さんに、スライダーのサインを出しても、

どうしても首をふってストレートを投げたがったとのこと。

上地さんの方が先輩ですがら、意地でもスライダーししろとサインを出したそうですが、

結局、上地さんが分ったよという感じでおりて、ストレートを投げさせたようです。

しかし、結果は打たれてしまったとのこと。


しかし、上地さんは、松坂投手が意思表示をしてくれたことやストレートに自信を持ってくれたことが嬉しかったそうです。

とってもいい仲なんですね。


テレビでも何度か一緒に出演もしていますし、

12月1日の炎の体育会TVでも仲の良さが見れるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タレントの上地雄輔さん。

実際のところ、野球の実力は凄いのか、

また松坂大輔投手との仲について調べてみました。

丹波慎也の実力や球速は?両親(父親・母親)や兄はどんな人?



スポンサーリンク