映画「ヘレディタリー継承」が2018年11月30日より公開されます。

ジャンルはホラー

ホラー好きな方は気になる映画ですね。

ここでは、ヘレディタリー継承には、原作があるのか?

どのような内容なのか?

キャストは?

吹替はあるのか?

怖いのか?怖くないのか?

評判や評価はどうなっているのか?

調べてみました。



スポンサーリンク

ヘレディタリー継承には原作はあるの?

ヘレディタリー継承には、原作はあるのでしょうか。


調べてみましたが、原作はないようです。

映画のストーリーを考えたのは、

監督でもあり脚本も担当しているアリ・アスターということです。


アリ・アスターは、今回のヘレディタリー継承が長編監督デビューとなります。

ヘレディタリー継承の内容は?

映画「ヘレディタリー継承」の内容はどうなっているでしょう。

こちらが予告編です。

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。

エレンの死をきっかけにさまざまな恐怖に一家が見舞われていきます。

なかなか怖そうな映画ですね。



スポンサーリンク

ヘレディタリー継承のキャストは?吹替はあるの?

ヘレディタリー継承のキャストや吹替はどうなっているでしょう。


エレンの娘で夫と2人の子供で暮らす主人公アニー・グラハム役には、

トニ・コレット

あの有名なホラー映画「シックス・センス」にも出演した女優さんです。




アニーの息子のピーター・グラハム役には、

アレックス・ウルフ

最近、公開された「ライ麦畑で出会ったら」にも出演しています。

こちらは主演でした。




とっても印象的なアニーの娘のチャーリー・グラハム役には、

ミリー・シャピロ

2002年7月16日生まれの16歳。

身長は147㎝だそうです。



アニーの夫のスティーブ・グラハムの役には、

ガブリエル・バーン

アイルランド出身の俳優で、米HBOのTVシリーズ「イン・トリートメント」(08)ではゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)を受賞しています。


ジョーン役には、アン・ダウド


尚、映画「ヘレディタリー継承」には、吹替はあるのかですが、

吹替はありません

字幕でみることになります。

ヘレディタリー継承は怖い?怖くない?評判や評価は?

映画「ヘレディタリー継承」は怖いのか?怖くないのか?

評判や評価が気になるところです。


この映画ですが、本当に怖いとの評判で、評価は非常にたかいです。

サンダンス映画祭に出品されましたが、上映後から絶賛され、

「直近50年のホラー映画の中の最高傑作」

「21世紀最高のホラー映画」

という評価を得ています。


また、批評家からの評価もとても高くなっています。

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには257件のレビューがあり、批評家支持率は89%、平均点は10点満点で8.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ヘレディタリー/継承』はその古めかしい舞台設定を凄惨なホラー映画のフレームワークとして活用している。凍てつくほどの恐怖はエンドクレジット終了後も消えてくれない。」となっている[11]。また、Metacriticには42件のレビューがあり、加重平均値は87/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコアはD+となっている[13]。

『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは本作に4つ星評価で3つ星半を与え、「2018年で最も怖い映画」「キャリアの集大成とも言うべき演技を披露したコレットは、アニーの肉体と精神の分離へと観客を没入させ、観客に残っている度胸の類いの一切を破壊する。コレットの一世一代の演技は一晩寝たくらいでは忘れ去ることができないほどの刺激に満ちあふれている。尤も、忘れ去ろうとする前に、観客は全身の血が沸き立たんばかりに叫び出すだろうが。」と評している。『A.V.クラブ』のA・A・ダウドは本作にA-評価を下し、「そのシリアスさと身の毛もよだつほどの技巧のお陰で、『ヘレディタリー』は傑作ホラー映画の系譜に属す作品となった。その系譜はアメリカ産ホラー映画の試金石の山、つまり、『ローズマリーの赤ちゃん』や『エクソシスト』のような邪悪な時代精神を反映した古典的名作にまで遡るものである。驚くべきことに、この作品はアリ・アスターの監督・脚本家デビュー作である。これは恵まれたことである。」と述べている

非常に海外で怖いと評価の高いヘレディタリー継承ですが、

日本での評判はどうなっているでしょう。

試写会をみた人の感想です。

ということに皆さん、本当に怖い!という声が多いですね。

じわじわくる怖さのようです。

これは期待できますね。

まとめ

映画「ヘレディタリー継承」は2018年11月30日より公開です。

原作はなく長編初監督のアリ・アスターの脚本。

吹替はありません。

来る(映画)は怖い?怖くない?面白いの?評判や評価は?原作もある!



スポンサーリンク