テレビ朝日系ドラマ「あなたには渡さない」が2018年11月10日(土)から放送されています。

秋のドラマの中では、遅めのスタート。

40代男女が繰り広げる大人の濃厚ラブサスペンスです。

ここでは、ドラマ「あなたには渡さない」についての原作や脚本やキャスト。

面白いのか?つまらないのか?なども気になります。

視聴者の評判や感想はどうなっているでしょうか。



スポンサーリンク

ドラマ「あなたには渡さない」の原作は?

ドラマ「あなたには渡さない」には、原作があります。

原作は、連城三紀彦さん(1948年1月11日 – 2013年10月19日)の小説『隠れ菊』

隠れ菊 上【電子書籍】[ 連城三紀彦 ]

価格:659円
(2018/11/16 09:48時点)
感想(0件)

『隠れ菊』は連城三紀彦さんの1996年の小説で、

第9回柴田錬三郎賞受賞しています。

ドラマ「あなたには渡さない」の脚本は?

ドラマ「あなたには渡さない」は、『隠れ菊』を現代版にリメイクしています。

脚本家も気になるところです。

脚本は、龍居由佳里さんと福田卓郎さんが担当しています。

ドラマ「あなたには渡さない」はどんな話?

ドラマ「あなたには渡さない」がどんな話なのか、

簡単にご紹介します。


物語の舞台は、料亭「花ずみ」。

花ずみの御曹司の板長(上島旬平)の妻の上島通子の前に、夫の愛人を名乗る女(矢萩多衣)が現れ、

「ご主人をいただきにまいりました」という多衣から夫の署名入りの離婚届を突き付けられる。

通子がさまざまな壁にぶつかりながら、たくましい経営者に成長していく姿を描くドラマとなっています。



スポンサーリンク

ドラマ「あなたには渡さない」のキャストは?

ドラマ「あなたには渡さない」のキャストはどうなっているでしょう。



重要人物はこちらの4人。

主演は、上島通子役の木村佳乃さん。

通子の夫の上島旬平役には、萩原聖人さん。

旬平の愛人の矢萩多衣役には、水野美紀さん。

通子の幼馴染の笠井芯太役には、田中哲司さん。


その他のキャストはこのようになっています。

矢場俊介   :演 青柳翔
上島優美   :演 井本彩花
堀口八重   ;円 荻野目慶子

ドラマ「あなたには渡さない」は面白い?つまらない?評判や感想は?

ドラマ「あなたには渡さない」は面白いのか?つまらないのか?

視聴者の評判や感想が気になりますね。

第1話が終わっての評判はどんな感じでしょう。


まず批判的な感想として多かったのが、

また『隠れ菊』をやるの?

という意見です。

また、キャストについて不満を書いている人も多かったです。

何度ドラマ化すれば気が済むんでしょう。
連城三樹彦先生の愛読者としては毎回肝心な場面を省略されたり原作にはない安っぽい場面を入れられたりで本気で腹立つ。
不倫ドラマだと数字が見込めると思っているのでしょうね。
でも原作は唯の不倫でも細腕繁盛記でもないのに。
木村さんも水野さんもサバサバ男っぽいのであの原作の雰囲気は出せない

勿論、ポジティブな意見も多いです。

演技派ぞろいだし、不倫系は好みじゃないけど、おもしろそうだね。

どなたかの感想にもあったけど、1億払ってでも手に入れたいと愛人から言われたら、私も、どうぞどうぞノシつけて差し上げますと言いたいね。

1億の価値ある旦那なんて、そう居ませんよ~
それにしても妻の座の軽いこと。
一人だけ蚊帳の外にいたなんて、娘からも嫌われてちょっと可哀相だな。

愛人より妻を応援しますよ、最終回まで楽しみです。

いいですね~~。
どうせなら、笑っちゃうくらいにドッロドロにして欲しいです。
せっかくの土曜日の夜なので。
水野美紀さんは、まだ奪いあい冬の熱も冷めやらぬうちに、この登場。
絶対に期待してしまいます。
田中哲司さんがかなりの曲者なので、ただの不倫ドラマでは終わらないのではないかな?
原作は全く知りませんが、連城三紀彦さんのドラマ化と言えば篠ひろ子さん、紺野美沙子さん、林隆三さんが出ていたドラマを思い出してしまいます。
かなりのドロドロでしたね~~。
これぞ娯楽の極み、楽しませていただきます。

これまでの『隠れ菊』のドラマ化作品を観ている方は、過去に作品と比べてしまうようですが、

初めてという方は、面白いという感想の方が多いようです。

まとめ

ドラマ「あなたには渡さない」は、テレビ朝日系で土曜ナイトドラマ枠での放送です。



スポンサーリンク