映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は2018年11月16日から公開です。

ここでは、原作について、

映画の簡単なストーリーについて、

どのようなキャストが出演するのか、

観客の感想や評判や評価はどうなっているか、

など調べてみました。



スポンサーリンク

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の原作は?

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」には、原作があります。

原作は、小説家で漫画家の歌川たいじさんによる同名コミックエッセイです。

手記 母さんがどんなに僕を嫌いでも 手記 [ 歌川たいじ ]

価格:1,404円
(2018/11/14 17:50時点)
感想(1件)

歌川たいじさんは、1966年3月22日生まれ、東京都出身。

会社員の時から、同性愛者であることをカミングアウトし、

性的少数者への理解を求めています。

作家・まんが家となった現在の作風にも、本人のパーソナリティが色濃く反映されている作品となっています。

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の内容は?

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の内容はどうなっているでしょう。

こちらが予告編です。

タイジは幼い頃から美しい母の光子が大好きだ。

しかし、母親は情緒不安定で、タイジの行動にイライラして、容赦なく手をあげる。

ある日、タイジは17歳の時、光子から酷い暴力や言葉を浴びせられたことがきっかけに家を出る。

1人で生きようと思ったタイジだったが、友人の言葉に動かされ、

再び母親と合うが、光子は相変わらずタイジを拒絶する。

そんな母からの愛を取り戻すためにタイジは立ち向かっていく。



スポンサーリンク

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のキャストは?

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のキャストはどうなっているでしょう。

まず母親から虐待を受けながらも母が大好きというタイジ役には、

太賀さん。

息子を拒絶しつづける母親の光子役には、

吉田羊さん。




その他のキャストはこのようになっています。


キミツ        :演 森崎ウィン
大将         :演 白石隼也
カナ         :演 秋月三佳
歌川タイジ(少年時代):演 小山春朋 (子役)
歌川貴子(タイジの姉):演 山下穂乃香(子役)
真由(タイジの叔母) :演 宮田早苗
天野(タイジの同僚) :演 前原滉
課長         :演 本間剛
養護施設の係員    :演 植木祥平
タイジの父親     :演 斉藤陽一郎
ばあちゃんの弟    :演 おかやまはじめ
ばあちゃん      :演 木野花

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は観客の感想は?評判や評価は?

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の観客の感想が気にながらるところですね。

予告編だけみますと、母親のキャラクターに疲れてしまいそうですが、

実際、映画を観られた方は、どのような感想をもっているのでしょう。

評判や評価はを調べみました。




かなり泣ける映画ということです。

皆さん絶賛の評価です。

まとめ

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、2018年11月16日より公開です。

人魚の眠る家(映画)は面白い?つまらない?評判や評価は?原作や主題歌もチェック



スポンサーリンク