映画「生きてるだけで、愛。」が、2018年11月9日から公開されます。

ここでは、生きてるだけで愛の原作について、

映画の内容について、

キャストについて、

監督について、

面白いのか?つまらないのか?

評判や評価について、

調べてみました。



スポンサーリンク

生きてるだけで愛には原作がある

生きてるだけで愛には、原作があります。

原作は本谷有希子さんの小説『生きてるだけで、愛。』です。

生きてるだけで、愛。(新潮文庫)【電子書籍】[ 本谷有希子 ]

価格:475円
(2018/11/8 22:17時点)
感想(0件)

本谷有希子さんは、1979年7月14日生まれ、石川県白山市の出身。

小説家だけでなく、劇作家、演出家、女優、声優と幅広い活動をされています。

「劇団、本谷有希子」という劇団も主宰されています。

夫は、詩人・作詞家の御徒町凧さん。


小説では、数々の賞を受賞しており、

『異類婚姻譚』では、芥川賞も受賞しています。


今回、映画化される『生きてるだけで、愛。』は、2006年の作品になります。

生きてるだけで愛はどんな内容?

映画の生きてるだけで愛は、どのような内容でしょうか。

こちらが予告編です。

主人公は躁鬱病で過眠症の寧子。

現在は無職でひきこもりぎみ。

寧子は、ゴシップ雑誌の編集者の恋人である津奈木の部屋で同棲している。

寧子は、自分で上手く感情をコントロールできず、津奈木に当たり散らしていた。

ある日、津奈木の元恋人の安堂が現れる。

安堂は津奈木とヨリを戻したいため、

寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出そうとする。

そして寧子に無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。


重そうですね。

予告編を見たり、あらすじを読むと、かなり人を選ぶ作品のような感じがします。

ハマる方にはハマりそうですね。



スポンサーリンク

生きてるだけで愛のキャストは?

生きてるだけで愛のキャストはどうなっているでしょう。


過眠症で引きこもり気味で、上手く感情をコントロールできない寧子の役には、

趣里さん。




寧子の同棲相手の津奈木役には、

菅田将暉さん。




その他のキャストはこのようになっています。


村田   :演 田中哲司
真紀   :演 西田尚美
磯山   :演 松重豊
美里   :演 石橋静河
莉奈   :演 織田梨沙
安堂   :演 仲里依紗

生きてるだけで愛の監督は?

この手の文学系の映画は、監督も気になるところです。

生きてるだけで愛の監督は、

関根光才さん。




関根光才監督は、1976年、東京生まれ。

上智大学文学部哲学科卒業。

CMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、

カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞もしていて、

国際的にも注目されている監督さんということです。


尚、今回の生きてるだけで愛では、監督の他に脚本も担当しています。

長編劇映画初監督ということです。

生きてるだけで愛は面白い?つまらない?評判や評価は?

生きてるだけで愛は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価が気になるところです。

試写会での評判はどうでしょうか。

まとめ

映画「生きてるだけで、愛。」は2018年1月9日から公開です。

生きてるだけで、愛。(映画)のロケ地は横浜の福富町や吉田町で撮影?



スポンサーリンク