2018年のドラフト会議がいよいよ始まりますね。


ドラフト会議で有名な選手がどこの球団に行くかも注目ですが、

その後のテレビ番組「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」も注目です。

昨年は、望月涼太選手の家族崩壊の物語が放送され、

しかもドラフトで指名をされないという事態が起こり、

父親と母親と妹さんのかわいそうな姿がテレビにうつり、

物凄い重苦しい雰囲気になりました。

今年もどんな家族のドラマがあるのか、注目されます。


今回、そのピックアップされる選手の一人に東洋大学中川圭太選手がいます。

この選手には、母親とPL学園という二つの注目すべき部分があるようです。

番組が始まる前ですが、調べてみました。



スポンサーリンク

中川圭太のプロフィール

名前:          中川圭太(なかがわ けいた)

生年月日:        1996年4月15日

出身地:         大阪府阪南市

身長:          180㎝

体重:          75㎏

投打:          右投右打

ポジション:       内野手(セカンド)

大学:          東洋大学

中川圭太はPL学園の最後のプロ野球選手?

中川圭太選手は、清原さんや桑田さんなど多くのプロ野球選手を輩出してきたPL学園の出身です。

中学の頃は、泉佐野リトルシニアに所属し、U―16の世界選手権(3位)に出場するなど、

活躍し名門のPL学園に入学しました。


PL学園というと、OBの方の証言などでも有名ですが、

とても上下関係が厳しい野球部といわれています。

元巨人の橋本さんなどが、当時のことを面白おかしく話している動画などもありますが、

本当に1年生の頃は、大変だったみたいですね。


その頃の名残が残っていたのか、中川圭太選手が1年生の頃、

2年生による部内暴力が発覚してしまい、PL学園は6ヵ月の対外試合禁止処分を受けました。

PL学園の当時の監督は辞任し、夏の大会まで、出場することができませんでした。


中川選手は、2年の秋から試合をすることを許されましたが、監督は不在

中川選手は、キャプテンとなり、サインや継投などは、中川選手が支持したということです。

しかし、PL学園は秋の大阪大会で準優勝。

近畿大会に出場を果たします。

惜しくもセンバツには届きませんでしたが、

監督が不在で、ここまで勝てたのは凄いことですね。

中川選手は、夏も残念ながら甲子園にはいけず、

結局、甲子園を経験できずPL学園を卒業しています。


その後、PL学園は、休部になっています。

現在、野球部は活動していません。

中川選手は、進学した東洋大学でも、

活躍し、ドラフト候補の選手になりました。

ということで、中川選手は、PL学園出身のプロ入りできる可能性のある最後の選手ということになるようです。



スポンサーリンク

中川圭太の母親はどんな人?

さて、PL学園出身の最後のプロ野球選手になるかもしれない中川圭太選手ですが、

母親はどんな人なのでしょうか。


中川選手ですが、母子家庭で育っています。

中川選手が4歳の頃に、両親は離婚

その後は、母親は女手一つで中川選手を育て上げました。

母親の名前は律子さん。


(出典:TBS)


母親は、女手一つで働きながら中川選手を育ててきましたが、

やはり野球というとお金がかかります。

経済的にはかなり苦しかったそうです。

中川選手は、野球をやっていることが、母親に負担をかけていることを知った時、

野球をやめようとしたこともあったようです。


そんな母子家庭で育った中川選手の口癖が、

「プロ野球選手になってお母さんを楽にしてあげたい」

という言葉です。

それが、今、実現しそうなところまできていますね。

また、本当に母親想いの中川選手。

今月の19日が母親の誕生日だったようですが、

前日の試合では、ホームランを打ち、母親を祝福。

ホームランボールを母親にプレゼントしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今年のドラフトでプロからの指名が予想される中川圭太選手。

どこかのチームから指名を受けてほしいですね。

決して指名漏れなどにはならないでほしいと思います。

ここでは、中川選手とPL学園について、

母親について、

調べました。

平尾奎太(ホンダ)の病気のIgA腎症とは?両親(父親・母親)はどんな人?

渡辺佳明の両親(父親・母親)はどんな人?祖父が凄い!実力や評価はどうなの?

吉田輝星の母や弟はどんな人?祖父はJA秋田なまはげで今は梨を作る?



スポンサーリンク