いよいよ2018年のプロ野球のドラフト会議が近づいてきました。

今年はなんといっても甲子園で大活躍した吉田輝星投手や根尾昴選手など高校生が注目されます。

また、大学生にも注目の投手が多く、

東洋大学にドラフト1位候補の選手が3人います。


ここでは、上茶谷大河投手に注目。

上茶谷大河はどのような投手なのか、

調べてみますと、血行障害というキーワードありましたので、

これまでの故障や病気について調べてみました。



スポンサーリンク

上茶谷大河のプロフィール

 
名前:            上茶谷大河(かみちゃたに たいが)

生年月日:          1996年8月31日

出身地:           京都府京都市

身長:            181㎝

体重:            85㎝

投打:            右投右打

ポジション:         投手

高校:            京都学園

大学:            東洋大学

上茶谷大河のこれまで

上茶谷大河投手は、京都市に生まれ、

小学校1年の頃、金閣リトルタイガースで野球を始めています。

中学は、京都レッドベアボーイズでプレー。

高校は、京都学園。

甲子園には出場していません。

注目を浴びるようになったのは、東洋大学の4年になってから。

3年までは1勝もしていませんでしたが、

3年のオフに体を作り、体重を85キロまで増やすと、

4年の春でブレイク。

150キロを超す直球を投げるようになり、

6勝の大活躍で3連覇に貢献。

一躍ドラフト1位候補に上り詰めました。

ただ春のリーグには3日連続で先発、計200球以上を投げさせられるという酷使をされた影響もあり、その後、調子を落としています。

ドラフト直前で、また調子を戻しているようです。



スポンサーリンク

上茶谷大河はどんな投手?

上茶谷大河投手はどのような投手なのでしょう。

こちらがまず動画です。

最速152キロの直球を投げる本格派の右腕。

柔らかい腕の振りが特徴で美しいフォームをしています。

直球を内外角に投げ分ける制球力があり、スタミナも抜群。

プロでも即戦力としての期待がかかりますね。

上茶谷大河のこれまでの病気や故障歴は?

プロ入りするまでの上茶谷大河投手の病気や故障歴が気になるところですね。


高校2年の時に怪我をしていますが、

一番、心配されるのが、大学2年の冬に受けた右手中指の血行障害の手術です。

この血行障害とは、どのような病気なのでしょうか。


血液の流れに障害が生じている状態で、

血管の壁が硬くなったり、血管が細くなったり詰まることで血液の流れが滞ってしまうとのこと。

野球選手は、血行障害になる選手も多いようで、

ヤクルトの館山投手など手術している投手も多いようです。

こちらが野球選手の血行障害の実態や障害改善のレポートです。

野球選手の手指血行障害の実態

野球選手の 手指血行障害改善に対する試み

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、2018年のドラフト候補の上茶谷大河投手の故障や病気歴について調べてみました。

大学2年の冬に手術した血行障害や今年の春のリーグの酷使が気になるところですね。

梅津晃大はイケメン!性格や実力や評価や彼女が気になる!

松本航は明石商業ではどうだった?中学はどこ?評価や実力もチェック

斎藤友貴哉(ホンダ)の評価や実力は?山形や大学ではどうだった?

辰己涼介の肩、守備、打撃、走塁の評価や実力はどう?即戦力なの?

甲斐野央の父親や兄はどんな人?中学や高校についても調査



スポンサーリンク