ついに10月1日から平成最後の連続テレビ小説となる「まんぷく」が始まりますね。

さて、まんぷくの一週目はモダンな昭和の街が再現されます。


(出典:サンスポ)


上の画像は、右から安藤サクラさん、呉城久美さん、松井玲奈さん。

ヒロインが親友と昭和10年頃の大阪の街を楽しむシーンとなっています。

とっても素敵なシーンですね。

まんぷくの舞台は、大阪になりますが、

このシーンロケは和歌山で行われました。

和歌山のマリーナシティという場所です。


いったいどんなところか調べました。



スポンサーリンク

まんぷくの和歌山ロケの和歌山マリーナシティとは?

まんぷくの和歌山ロケの和歌山マリーナシティとはどんなところでしょうか。

和歌山県和歌山市毛見沖の和歌山湾にある人工島です。

作られたのは1994年。

世界リゾート博の開催に合わせ作られました。

場所は、和歌山県和歌山市毛見1527。

この人工島である和歌山マリーナシティには、様々な施設があります。

  • ポルトヨーロッパ
  • ドルフィンパーク
  • 和歌山マリーナシティホテル
  • 黒潮市場
  • 紀ノ国フルーツ村
  • ソルカサ・デル・マール
  • 紀州黒潮温泉
  • 釣り公園
  • 海洋釣り堀
  • 大波堤
  • わかやま館
  • 和歌山マリーナ(公共マリーナ)
  • ヨット倶楽部(民間マリーナ)
  • リゾートマンション

ホテルやリゾートマンションがあり、テーマパークがあり、温泉があり、釣りもでき、

楽しい場所ですね。



スポンサーリンク

まんぷくの和歌山ロケは和歌山マリーナシティのどこ?

では、朝ドラ「まんぷく」の和歌山ロケは和歌山マリーナシティのどの場所だったのでしょうか。


それは、ポルトヨーロッパというテーマパークです。

ポルトヨーロッパゾーンと遊園地ゾーンの2つの地区に分かれています。

このうな感じになっています。

イタリアやフランスといったヨーロッパの街並みになっています。

なんと入園するだけなら無料というこです。

乗り物などになるにはお金がかかりますが、

雰囲気だけ味わいたい方は無料で楽しめるということです。

ポルトヨーロッパを詳しく知りたい方はこちら⇒ポルトヨーロッパの公式ホームページ

まんぷくの和歌山ロケでは、エキストラも活躍

さて、この和歌山マリーナシティのポルトヨーロッパで行われた撮影ですが、大量のエキストラも登場します。

70名のエキストラが参加したとのこと。

このエキストラは、まんぷくが舞台となる池田市でも募集していました。

ボランティアでの参加だったということです。
好きな時間にドラマを見たい!あなたに合った動画配信サービスはどこ?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

平成最後の連続テレビ小説となる「まんぷく」。

舞台は大阪の池田市になりますが、

和歌山ロケもあり、和歌山マリーナシティのポルトヨーロッパで撮影がされました。

そのシーンはまんぷくの一週目の放送で見られるということです。

また、ドラマを見られた方は、ぜひご家族やお友達や恋人と和歌山マリーナシティに遊びに行かれてはどうでしょうか。

テーマパークだけでなく、温泉もあり、釣りもできて、本当に楽しいところのようですね。

まんぷくは池田市は舞台?エキストラの募集もある?

まんぷく(朝ドラ)は犬山市のロケ地もある?明治村で撮影?



スポンサーリンク