俳優の柳沢慎吾さん。

デビュー以来40年に渡り一線で活躍されています。

柳沢慎吾さんというと、面白い鉄板のネタがあります。

ここで面白いネタをご紹介。

また、実際のところの性格はどうなのか?

評判についても調査してみました。



スポンサーリンク

柳沢慎吾のプロフィール

名前:          柳沢慎吾(やばぎさわ しんご)

生年月日:        1962年3月6日

出身地:         神奈川県小田原市

身長:          167㎝

血液型:         AB型

事務所:         ハーキュリーズ

柳沢慎吾の面白いネタは?

柳沢慎吾さんの面白いネタをご紹介します。

まずは時事ネタ

  • 警視庁24時
  • 甲子園
  • 火曜サスペンス

この3つは、柳沢さんの面白い鉄板ネタですね。

テレビで何度見てるかわかりません。


次に人物ネタ

  • 若山富三郎
  • 山城新伍
  • 堺正章
  • 舘ひろし
  • 石立鉄男
  • 矢沢永吉
  • 菅原文太
  • 平馬先輩
  • 中居正広の兄
  • 柳沢慎吾の姉
  • 森田健作
  • 山田洋次
  • 渡哲也
  • 轟次郎
  • 美術の源さん

まだまだ他にもいるようです。


ダジャレとしては

  • 「あばよ!」
  • 「いい夢見ろよ」
  • 「おい、かまいたち」
  • 「お前中三のとき、俺高三っ!」

この辺はかならずやるネタですね。



スポンサーリンク

柳沢慎吾はイベントに引っ張りだこ

柳沢慎吾はテレビでの活躍が印象的ですが、

イベントにも引っ張りだこ、

特に映画や海外ドラマのイベントに引っ張りだこです。

これがどれも本当に面白くて、

ネタもたくさん披露してくれます。


こちらは、海外ドラマ「X-ファイル 2016」BV・DVD発売記念イベントですが、怖い話から面白い話にもっていきます。

話術が上手ですよね。

下の動画はロサンゼルス潜入捜査官のDVDリリースの時のイベント。

一人でアフレコをしながら持ちネタを入れてきます。

下は、「猿の惑星:聖戦記」のイベント。

とんねるずの番組で、ネタが生まれた経緯や猿の物まねなども披露してくれます。

本当にいろいろな映画やドラマのイベントに呼ばれています。



また柳沢さんですが、甲子園ネタが得意ということで、プロ野球のイベントによく呼ばれます。

DeNA、西武、オリックスに呼ばれています。

特に地元のDeNAは毎年、始球式でよばれ、甲子園ネタを披露しています。

始球式なのに、こんなに長くなるのは凄いですね。


また、企業の新製品の発表会のイベントにも柳沢さんは呼ばれるようです。

下の動画では、日産のCMに矢沢永吉さんが起用されているということで、

矢沢さんの物まねを披露してくれます。

矢沢さんに偶然あったら、どういう表情するかというのも面白いですね。

本当に面白いですね。

柳沢慎吾の本当の性格や評判はどうなのか?

テレビの前やイベントで面白いネタを見せてくれる柳沢慎吾さん。

しかし、実際のところ、裏ではどういう性格や評判の人なのでしょうか。


よくお笑い芸人が楽屋では暗いという話をききます。

テレビのイメージと、裏では全然、違うという評判の人は多いようですね。

柳沢さんも、このキャラで、裏で嫌な性格だったら本当にショックです。


しかし、柳沢さんの場合、楽屋でも全く同じ性格なのだそうです。

多くの有名人が柳沢さんの普段の姿について話しています。


大泉洋さんは、言うには、

ドラマなどで普通の人は、自分のシーンが終わればメイクを落としてすぐ帰るそうですが、

柳沢さんは、現場から帰ってこないで、ずっと喋っているそうです。

また、「ファンです」、「写真をお願いします」、とか目を合わせてしまったら最後だと言っていました。

サービス精神が旺盛で、ずっと喋っているそうですね。

大泉さんは、ファンなので嬉しいと言いながら、セリフを覚える時や次のシーンの段取りをしなければならないときは、目を合わせてはいけないと言っています。


また、精神的に不安定なことで有名な遠野なぎこさんですら、

柳沢さんのことを心底尊敬しているようで、

楽屋でもテレビで見せるネタを披露してくれたそうです。

遠野さんはこのように言っています。

「以前、『ウンナンの気分は上々。』(TBS系)に出演されていた頃から、「あばよ」とか、柳沢さんのお笑いが好きだったんです。それがついに先日、『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)で、共演できました。実際にお会いするまでは、イメージと違っていたらどうしようと思っていたのですが、テレビで見たままのかたでした。あれほどまでに、裏表のない芸能人を私は見たことがありません

「収録前に番組で話すネタの別バージョンを、特別に見せてくれて、柳沢さんと一緒にいるとお腹がよじれるくらい笑いっぱなし。“落ち込んだら、おれのネタを思い出して”と言ってもらいました。彼の場合、無理している感じがなくて、自分も楽しんでいるからハッピーオーラ全開なんです。きっと彼を嫌いな人はいないと思います

ということで、本当にテレビでみたままの性格という評判のようです。


では、芸能人の前ではいい人でも、一般人の人にはどうなのでしょう。

なんと柳沢さんは一般人に対しても喋りまくるそうなのです。

一般人の方が飛行機で柳沢さんとたまたま隣の席になったようで、

その時の話について、ネットに書き込んだ人がいます。

その時の内容がこちら。

数年前に羽田から新千歳まで飛行機乗った時、隣の席が柳沢慎吾だった。
離陸する直前に気づいて「柳沢さんですか?テレビいつも見てます」と言うと、
「おー、そうだよ!ありがとありがと!握手する?」と気さくに言ってくれて喜んで握手してもらった。
そしたら、火をつけちゃったみたいで飛行機の離陸音から、航空無線の真似から、CAさんに少しお静かにお願いしますと言われると小声でロボットの動きとかしてくれて、
俺はその時発表されたばかりの新曲を聞きたかったんだけど遮ってイヤホンするわけにもいかなくて、
千歳までずっとネタやってくれたのが修羅場。
ありがとうございましたって飛行機降りて、開放感に浸ってたらスープカレー屋で再開しちゃって更に脳内修羅場。
幸いマネージャーらしき人が連れて行ってくれて助かった。

でも更にファンになりました。
今でもファンです。

テレビでも、新幹線で話しかけてきた人とずっと喋っていたということをご自分で言ってました。

その喋りかけてきた人は、最後、疲れ果てていたそうです。

相手が疲れ果てるまで喋りまくるみたいですね。


ということで、柳沢慎吾さんは、テレビのままの性格で、評判もとてもいいということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

40年間芸能界の一線で活躍する柳沢慎吾さん。

面白いネタや性格、評判について調査してみました。



スポンサーリンク