映画「寝ても覚めても」が2018年9月1日から公開されています。

映画「寝ても覚めても」は原作はあるのか、

映画の内容は、

キャストについて、

面白いのか?つまらないのか?評判や評価についても調べています。



スポンサーリンク

映画「寝ても覚めても」の原作は?

映画「寝ても覚めても」は原作があります。

原作は、芥川賞作家・柴崎友香さんの同名恋愛小説です。

寝ても覚めても 増補新版 (河出文庫) [ 柴崎 友香 ]

価格:799円
(2018/9/2 01:18時点)
感想(0件)

作家の柴崎友香さんですが、1973年10月20日生まれ、大阪出身。

高校時代から小説を書き始めたそうです。

大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業後は、4年ほど機械メーカーでOLとして勤めています。

作家デビューですが、1999年、短編「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」。

2014年、「春の庭」では第151回芥川龍之介賞受賞しています。

春の庭 (文春文庫) [ 柴崎 友香 ]

価格:691円
(2018/9/2 01:35時点)
感想(0件)

今回の「寝ても覚めても」は、2010年の作品です。

映画「寝ても覚めても」はどんな内容?

映画「寝ても覚めても」はどんな内容なのでしょう。


こちら予告の動画です。

大阪に暮らす21歳の泉谷朝子。

朝子は、鳥居麦と出会い、恋に落ちます。

しかし、ある日、麦は朝子の前から忽然と姿を消す。

2年後、朝子は東京に引っ越していましたが、麦とそっくりな顔の丸子亮平に出会います。

朝子は、まだ麦のことが忘れられないので、亮平をさけますが、亮平は好意を抱きます。

朝子もまた亮平に惹かれていきます。



スポンサーリンク

映画「寝ても覚めても」のキャストは?

映画「寝ても覚めても」のキャストはどうなっているでしょう。


丸子亮平と鳥居麦の2役を演じたのが、

東出昌大さん。

奥さんが杏さんで義父が世界的な俳優の渡辺謙さんであることでも有名です。




次に泉谷朝子ですが、

唐田えりかさんが演じます。




その他のキャストです。


串橋耕介    :演 瀬戸康史
鈴木マヤ    :演 山下リオ
島春代     :演 伊藤沙莉
岡崎伸行    :演 渡辺大知
平川      :演 仲本工事  
岡崎栄子    :演 田中美佐子


こちら映画「寝ても覚めても」のキャストと監督の濱口竜介さんが登場する動画です。

映画「寝ても覚めても」は面白い?つまらない?評判や評価は?

映画「寝ても覚めても」は面白いのか?つまらないのか?評判や評価が気になりますね。


まずこの映画ですが、海外の映画祭に出品しています。

第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の出品です。

その時の評価ですが、

「日本のヌーベルヴァーグ!新しい才能が現れた」と海外の記者より賛辞が送られ、「繊細で感動的。人間の魂を追求する、比類ない映画(ル・モンド)」「エレガントで深遠な愛のロンド。美しい!(レ・ゼコー)」、「濱口監督は、現代における最も重要な監督の一人だ。愛の季節を描いた『寝ても覚めても』はカンヌで栄誉を与えられるべき作品(リベラシオン)」「ニュアンスに富んだ演技が見事!(インディワイヤー)」と、海外メディアから絶賛

ということです。

尚、世界20カ国での配給も決定しています。

海外での評判はとてもよいようです。


日本の観客の評価や評判はどうでしょう。

ということで絶賛のようですね。

面白いこと間違いなさそうです。

まとめ

映画「寝ても覚めても」は2018年9月1日から公開されています。

東出昌大の友達は?嫁や義父や性格についても調査



スポンサーリンク