格闘家の山本KID徳郁さんがインスタグラムで癌であることを公表しました。

山本KID徳郁さんですが、最近、痩せすぎであることを心配されていました。

病気なのではないかという声もありましたが、

格闘技のための体重制限であろうという声も多く、

今後に期待をされていました。

そんな中での今回の癌の公表ということになっています。



スポンサーリンク

山本KID徳郁の復帰はいつになるのか?

山本KID徳郁さんは、インスタグラムで絶対に元気になって帰ってきたいと力強く語っています。

癌に打ち勝ち、元気になって戻ってきてもらいたいですね。

復帰に関してはどうなるでしょう。


山本KID徳郁さんが痩せているところが心配になります。

癌になってもすぐは痩せないといわれています。

ある程度、癌が大きくなってから痩せていくということです。


癌が発生するための癌体質と癌の塊、が痩せることに大きく関係していくようです。

詳しくはこちらのサイトに書いてあります⇒癌になるとなぜ痩せるのか

現在、山本KID徳郁さんの癌についての情報は少ないです。

何の癌かもわかりませんしステージもわかりません。

癌の治療をしているということと、数か月前から、かなり痩せているということです。

この痩せているということが、かなり心配であり、

格闘家としての復帰は、難しそうな感じもします。


しかし、過去に癌になった後も、復帰をした人もいます。

小橋建太さんです。

小橋建太さんは、

2006年6月29日、精密検査で腎臓癌が見つかり、手術・治療のため長期欠場。7月に腹腔鏡下手術を行い、無事成功。189日後の12月10日の日本武道館大会に姿を見せ近況を報告。2007年10月27日の日本武道館大会に姿を見せて、復帰戦の対戦カードを自ら発表。そして12月2日の日本武道館大会で、546日ぶりとなるリングに復帰した。

ということです。

山本KID徳郁さんも、時間がかかるかもしれませんが、ぜひ復帰してほしいですね。



スポンサーリンク

入れ墨が原因というのはあるのか?

またもう一つ、今回の山本KID徳郁さんが癌で、ネットで言われていることがあります。

癌になった原因が入れ墨にあるのではないかということです。

山本KID徳郁さんは、体にたくさんの入れ墨をされています。

これが、今回の癌になった原因ではないかと書いているん人が多くいます。


なぜかですが、

こちらのサイトに書いてありますが(⇒入れ墨のデメリット)、入れ墨には、C型肝炎になるリスクがあるということです。

C型肝炎になると、その後、肝臓癌を発症するケースも多いということです。

肝臓癌で亡くなった方の7割~8割がC型肝炎から発症したものともいわれています。


ということで今回、体中に入れ墨をされている山本KID徳郁さんが癌になった原因が入れ墨にあるのではないかと、主張している人が多いようです。

まとめ

何の癌なのか、ステージはいくつなのかなど、はっきりとした情報はありませんが、

山本KID徳郁さんは、復帰をしたいという強く思っていると書いています。

時間はかかるかもしれませんが、復帰されることを待ちたいですね。

勝谷誠彦の病状や病名は?今後の活動はどうなる?



スポンサーリンク