貴乃花親方が、21日、夏巡業中に倒れてしまい、救急車で病院に搬送されたこのことです。

非常に心配ですね。

病状や病名、

こうなった原因や今後はどうなるのでしょう。



スポンサーリンク

貴乃花親方が倒れた時の様子

貴乃花親方が倒れた時ですが、

夏巡業中、若い力士を指導している最中に倒れたとのこと。


その時の様子ですが、

痙攣して意識がなくなったとのこと。

119番通報をして、救急車が到着したころには意識が戻ったようです。


搬送されたのは秋田市内の病院。

病院に駆け付けた関係者とは話をしたとのことです。



スポンサーリンク

貴乃花親方の病状や病名は?

現在、記事を書いている時点では、貴乃花親方の病状や病名は発表されていません。

一体どのような病名の可能性があるでしょうか。

現在、発表された内容では、

  • 痙攣する
  • 意識が失う
  • 倒れる

なっています。

どんな病名の可能性があるのでしょう。


救急車が来た時には、意識も戻り、

病院では会話もできています。


ということで、一過性意識消失発作いわるよ失神である可能性もあるようです。

この失神ですが、

多くの場合は、命にかかわるものではなく、

生活の工面で再発を防げるということです。

ちなみに今回の貴乃花親方も病状が軽いものであれば、特に後遺症もないようで、

問題ない感じのようです。

ちなみに、聖マリアンナ医大東横病院(川崎市)の失神センター長、古川俊行講師(循環器内科)はこのように話しています。

古川さんによると、失神には3つの代表的なタイプがある。最も多いのが「反射性失神」。自律神経の一時的な変調が原因とされる。次が不整脈など心臓の病気による「心原性失神」、立ち上がるとすぐに起きる「起立性低血圧」もあり、これも自律神経に関係する。このうち、高リスクとされるのは心原性だ。「場合によっては突然死につながる可能性がある。私たちは心原性を見逃さないよう、注意して診察します」と古川さん。

 失神の前に胸の痛みなどを感じたか、家族に突然死した人はいないかなどを問診で確認し、心電図で不整脈の有無を詳しく調べる。ここで心臓の病気が見つかれば、ペースメーカーや除細動器の植え込みなど必要な手術や治療に進む。

 「一般に、心原性でなければ直ちに命に関わることはない。だが『自律神経の問題なので気にしないで大丈夫』と診断された後にまた失神を起こしたりして、不安を感じる患者さんは多い」

不整脈など心臓の病気による「心原性失神」の場合、今後の貴乃花親方も心配になりますね。

脳梗塞の可能性は?

また、病名ですが脳梗塞などの可能性も考えられます。

脳梗塞ですと、今後、後遺症も残り、介護も必要になる可能性もあります。

とはいえ、貴乃花親方の場合、すぐに意識は戻ったようですので、

それほど重い病気では、ないように感じますがどうでしょうか。

今後の発表が気になります。

原因はなんだったのか

さて、今回、貴乃花親方が倒れた原因ですが、

疲労やストレスがあるようなかんじがします。

貴乃花親方は3月に弟子の幕下・貴公俊が春場所中に起こした暴行事件の責任をとり、

親方衆の階級で委員から一番下の年寄に降格処分を受けていました。

今後は、少し休養が必要なのかもしれませんね。

川崎宗則(ソフトバンク)は自律神経失調症という病気?治療法や今後は?

勝谷誠彦の病状や病名は?今後の活動はどうなる?



スポンサーリンク