ドラマ「スペシャルドラマ 太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~」が2018年8月22日の水曜日、NHK総合1、 22時00分~23時10分で放送されます。

ここでは、太陽を愛したひとの原作はあるのか、

ドラマはどのような内容か、

キャストはどうなっているのか、

面白いのか?つまらないのか?評価や感想はどうなっているか、

を調査しました。



スポンサーリンク

太陽を愛したひとには原作はある?

太陽を愛したひとには原作はあるのでしょうか?

原作というよりも原案となる本はあるようです。

三枝義浩さんの「太陽の仲間たちよ」という本です。

これは、小説ではなく漫画ということです。


三枝義浩さんは、1989年、マガジンSPECIALにて『毎度ラーメン屋です』でデビュー。

1991年より、実話をもとに描いたドキュメントコミックシリーズを書いてきました。

『チェルノブイリの少年たち』、『AIDS少年はなぜ死んだか』といった実話に基づいた漫画を描いていますが、

その中の一つに「太陽の仲間たちよ」という漫画があり、障害者とスポーツについて書いています。


この「太陽の仲間たちよ」という漫画を読みたいという方も多いと思いますが、

調べてみますと、どうやら、今どこも売っていません。

手に入れるのは難しいようです。

ということで、三枝義浩さんのパラリンピックについての本はこちらを読んでみればいいみたいです。

パラリンピックとある医師の挑戦 [ 三枝 義浩 ]

価格:1,058円
(2018/8/21 16:14時点)
感想(0件)

上の本は、現在まだ読んでいませんが、紹介文のところに「NHKのドラマ「太陽を愛したひと」の原案コミック収録」とも書いていますので、原作をよんでみたいという方はこちらを読んでみるといいと思います。

太陽を愛したひとはどんな内容?

今回のNHKのドラマ「太陽を愛したひと」はどのような内容なのでしょうか。

1960年、整形外科医の中村裕(向井理)はイギリスでスポーツを取り入れた障害者医療を学ぶ。帰国後、障害者スポーツを広めようとするが、日本はリハビリという言葉すらない時代。「見せものにするな」と反対される。そんな彼に驚きのミッションが!東京パラリンピックを実現させよ、というのだ。再び立ちはだかる社会の常識という壁。妻・廣子(上戸彩)や仲間の支えで、次々と突破していく。取材をもとに初ドラマ化!

現在は、当たり前のように障害者の方もスポーツをしていますが、1960代は、まだまだそういう時代ではなかったようです。

整形外科医の中村裕の頑張りや妻の廣子の支えで、社会の常識という壁を次々と突破していくという内容になっています。



スポンサーリンク

太陽を愛したひとのキャストは?

ドラマ「太陽を愛したひと」のキャストはどうなっているでしょう。

主演は2人。

向井理さんと上戸彩さん。




イギリスでスポーツを取り入れた障害者医療を学んで帰国後に障害者スポーツを広めようとする整形外科医の中村裕には、

向井理さん。

そしてその中村裕を支える妻の廣子役には、

上戸彩
さん。


車椅子バスケをする土山アキラ役には、

志尊淳さん。




その他、安藤玉恵さん,山口馬木也さん,飯豊まりえさん,田山涼成さん,尾上松也さん,松重豊さん,岸惠子さん、などが出演されます。

太陽を愛したひとは面白い?つまらない?評価や感想は?

ドラマ「太陽を愛したひと」は面白いのか?つまらないのか?

評価や感想が気になるところです。

とても評価が高いです。

よかったという感想が多かったです。

もっとじっくり見たいという意見もいくつかありました。

まとめ

ドラマ「太陽を愛したひと」は2018年8月22日(水) 22時00分~23時10分、NHK総合1で放送されます。

志尊淳の性格は悪い?いい?評判や好きなタイプも調査!



スポンサーリンク