映画「追想」が2018年8月10日から公開されます。

イギリス映画です。

面白そうな映画ですね。

映画「追想」には、原作はあるのでしょうか、

またどのような映画なのか、

キャストは、

面白いのか?つまらないのか?

評判や感想、

など調べてみました。



スポンサーリンク

追想には原作がある?

映画「追想」には原作があるかですが、

原作はあります。


イアン・マキューアンの小説「初夜」が原作となっています。

今回の映画「追想」を見る前に小説を読んでみてはいかがでしょう。

映画では、イアン・マキューアン自体が脚本を書いています。

【送料無料クーポン配布中!】初夜/イアン・マキューアン/村松潔

価格:1,836円
(2018/8/6 18:09時点)
感想(0件)

イアン・マキューアンは、1948年6月21日生まれの70歳。

イギリス・ハンプシャー州オールダーショット出身のイギリスの小説家です。

フェミナ賞外国小説部門 (1993)、ブッカー賞 (1998)、全米批評家協会賞 (2002)、ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞 (2005)、エルサレム賞 (2011)と多くの賞を受賞している作家です。

イアン・マキューアンの小説はよく映画にもなっており、

2000代以降だと、2004年に小説「愛の続き」が「Jの悲劇」で映画化となり、

2007年には、「贖罪」が「つぐない」という題名で映画化になっています。

追想はどんな内容?

追想はどのような映画なのでしょう。

1962年の夏。

イギリスのロンドン。

海辺のホテルで新婚初夜を迎えた若い夫婦の心の機微を描いた恋愛映画です。

若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意し、結婚式を無事に終えます。

2人は新婚旅行で、ドーセット州のチェジル・ビーチを訪れました。

浜辺の近くのホテルの部屋で食事をする新婚の2人は、初夜の興奮や歓喜、そして不安とさまざまな感情に襲われます。

会話が緊迫し空気が気まずくなり2人は口論を始めてしまう。

生涯忘れることのできない初夜。

その一部始終が映画で明かされます。

なにか心理的で重厚な恋愛映画という感じですね。



スポンサーリンク

追想のキャストは?

追想のキャストはこのようになっています。

こちらが主役のお2人。




フローレンス・ポンティング役には、

シアーシャ・ローナン

シアーシャ・ローナンですが、上でご紹介したイアン・マキューアンの作品の「つぐない」にも出演しています。

つぐない/キーラ・ナイトレイ[DVD]【返品種別A】

価格:990円
(2018/8/6 19:11時点)
感想(0件)




1994年4月12日生まれで、出身はアメリカのニューヨークの女優さん。

父親も俳優でポール・ローナンです。


歴史学者を目指すエドワード・メイヒュー役には、

ビリー・ハウル

1989年11月9日生まれ、イギリス ストーク=オン=トレント出身の俳優です。

追想の評判や感想はどうなのでしょうか?

映画「追想」は面白いのか?つまらないのか?

評判や感想はどうでしょうか。


小堺一樹さん。

完璧なはずだった2人のジグソーパズルの
最後のひとかけらを見つけられない主人公の2人。

夢の後ろにある現実を初めて知る人生の瞬間を
鮮やかに思い出さずにはいられない、美しくも厳しい作品。

まるで美術館を歩いているようだ。老いも若きも必見の一本‼

川井郁子さん。

絵画のような映像と自然、そしてストーリーを絶妙に彩る
1960年代のロックとクラシックが、懐かしい香りを運んでくれる。

自分が歩んできた道を、再び照らしてくれるような美しい映画でした。

小山太一さん。

原作のガラス細工のような危うさを巧みに映像化。

肉体に反逆される知性の震えが、画面から伝わってくる。

山崎まどかさん。

悲劇的な一瞬が、一生の想い出になる。

そのセンチメンタルな残酷さが、
青いドレスのシアーシャ・ローナンの美しさが、
実にイアン・マキューアン的。

まとめ

映画「追想」は2018年8月10日から公開です。



スポンサーリンク