ドラマ「この世界の片隅に」が2018年7月15日(日)21:00からスタート。

ドラマ「この世界の片隅に」には、原作はあるか?

どんなドラマか?

音楽は誰なのか?

面白いのか?つまらないのか?

評判はどうなのかなど調べてみました。



スポンサーリンク

この世界の片隅には原作がある?

ドラマ「この世界の片隅に」には原作はあるのでしょうか。


原作は、こうの史代さんによる漫画です。

『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号~2009年1月20日号まで連載されました。

この世界の片隅に(上) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:699円
(2018/7/14 23:38時点)
感想(71件)

戦争と広島がテーマとなる作品ですが、

作者のこうの史代さんも広島県広島市の出身です。

年齢は今年50歳になる方で戦争は体験していない世代の作品です。

この世界の片隅には以前にもドラマ化されアニメ映画もある

この世界の片隅には、今回のドラマ化以外にも、すでにドラマ化されています。

以前のドラマ化は、終戦記念スペシャルドラマとして2011年8月5日に日本テレビ系放送されました。

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に

価格:3,649円
(2018/7/14 23:42時点)
感想(0件)

一日だけの放送で、北川景子さんが主演でした。


また、この世界の片隅にはアニメ映画化もされています。

この世界の片隅に【Blu-ray】 [ のん ]

価格:4,521円
(2018/7/14 23:45時点)
感想(6件)

2016年11月12日から公開され、片渕須直さんが監督した映画です。



スポンサーリンク

この世界の片隅にははどんな内容?

ドラマ「この世界の片隅に」はどんな内容なのでしょうか。


舞台は、昭和19年の広島。

まさに戦争真っただ中の時代。

その戦争の最中、自分の人生を懸命に生きた家族の愛の物語です。

この世界の片隅にのキャストは?

今回のドラマ「この世界の片隅に」のキャストはどうなっているでしょう。


主人公の北條(浦野)すず役には、

松本穂香さん。




尚、すずの幼少期が新井美羽ちゃんが演じています。


すずの夫である北條周作には、

松坂桃李さん。




その他のキャストはこのようになっています。

水原哲   :演 村上虹郎
刈谷幸子  :演 伊藤沙莉
堂本志野  :演 土村芳
浦野十郎  :演 ドロンズ石本
浦野すみ  :演 久保田紗友(幼少期:野澤しおり)
黒村晴美  :演 稲垣来泉
白木リン  :演 二階堂ふみ
黒村径子  :演 尾野真千子
刈谷タキ  :演 木野花
堂本安次郎 :演 塩見三省
北條円太郎 :演 田口トモロヲ
浦野キセノ :演 仙道敦子
浦野要一  :演 大内田悠平(幼少期:土屋慶太)
北條サン  :演 伊藤蘭
森田イト  :演 宮本信子

この世界の片隅にの音楽は?

ドラマ「この世界の片隅に」には、素敵な音楽がながれます。


なんとジブリや北野武さんの映画での音楽で有名な久石譲さんが担当しています。

上の動画で一部聞けますが、いかにも久石さんといった感じの音楽ですね。

この世界の片隅には面白い?つまらない?評判はどう?

今回のドラマ「この世界の片隅に」は面白いのか?つまらないのか?

評判が気になるところです。

1話

1話が終わった段階ですが、評判はかなりよいです。

絵の才能がありながら、画家を目指すでもなく、のんびりした様子のすず。でも彼女は、訓練中の事故で兄を亡くした水原の心中を察し、替わりに絵を描いてあげる優しさを持つ。水原に淡い思いを抱いているようだが、そんな自分の気持ちにも気づかない。突然の縁談に戸惑いながらも、淡々と従う。当時の女性としてはごく普通の人なのだろう。対比するように描かれるのが、幼くして売春宿に売られたリン。逃亡して浦野家の屋根裏に潜むも、結局連れ戻される。当時の女性の地位の低さ、辛い境遇に生まれた人の過酷な人生は、あの時代の現実だろう。当時の生活も細やかに描かれ、海苔を作る場面も興味深く見た。嫁ぐ前の不安、母の思いも繊細に描かれていて良かった。これから北條家での生活の中、すずは少しずつ成長していくのだろう。そして戦争の酷さを知る。すずの内面の変化がどう描かれるか、期待したい。抵抗のある人もいるようだがこういうドラマも必要。
最近投稿ボタンを押した瞬間に消える事が多い。

原作の漫画を読み、アニメ映画を観ていたので、
果たして実写ドラマで上手く行くのだろうか?と半信半疑だったのだが、
少なくとも初回を観た限りでは原作の良さを活かし
実写ドラマにする上での脚色をうまくミックスさせられたドラマに
なっていると思った。
座敷わらしがリンさんだったという件、
嫁ぐ前の不安の描写、
人攫いにあっての二人の出会いでのやりとりと
結婚初夜で周作が明かす馴れ初めと、すずを選んだ理由が
垣間見える台詞。
これらによってドラマとしての話のつながりがより強調されていると思う。
現代パートも、ここは賛否分かれるところなのだろうが、
個人的には、いかにもすずさんがこの世界に居た、と
錯覚させる気分になれて良かった。
次回が楽しみです。

まとめ

ドラマ「この世界の片隅に」は、2018年7月15日(日)TBS系で21:00からスタート。

毎週日曜21時00分~21時54分(初回は22時19分まで)で放送されます。

松坂桃李の性格は謙虚?友達や彼女について調査!

松本穂香の性格は暗い?高校はどうだった?ドラマやCMや映画もチェック

この世界の片隅に(ドラマ)の学校のロケ地はどこ?茨城県の大子町の旧上岡小学校



スポンサーリンク