2018年7月6日(金)にドラマ「嫌われ監察官 音無一六5」がテレビ東京で20:00 ~ 21:48に放送されます。

ここでは、嫌われ監察官 音無一六5はどのようなドラマなのか?

原作はあるのか?

面白いのか?つまらないのか?評判や感想はどうなのか?

など調べていきます。



スポンサーリンク

嫌われ監察官 音無一六スペシャルはどんなドラマなの?

ドラマ「嫌われ監察官 音無一六シリーズ」は、2013年からテレビ東京とBSジャパン共同制作で放送されている刑事ドラマシリーズです。

これまで4作作られており、

今回が5作目ということになります。

主役は題名通り嫌われている監察官の音無一六です。

嫌われ監察官 音無一六シリーズに原作はあるの?

嫌われ監察官 音無一六シリーズに原作はあるのでしょうか。


このドラマシリーズに原作はありません

酒井直行さんという脚本家の原案で、

牟田桂子さん、いとう斗士八さん、大浜直樹さん、吉本昌弘さん、山岡潤平さん、倉貫健二郎さん、

などいろいろな方が脚本を書いています。


今回の嫌われ監察官 音無一六5では、山岡潤平さん、倉貫健二郎さんの2人が脚本を担当しています。

尚、倉貫健二郎さんは、監督も担当しています。

嫌われ監察官 音無一六5のキャストは?

嫌われ監察官 音無一六5のキャストはどうなっているでしょう。


まず主役の監察官の音無一六役には、

小日向文世さん。

映画「アウトレイジ」などに出演されている方ですね。

7月からは、ドラマ「高嶺の花」にも出演予定となっています。




今回は、音無一六の弟の万丈二六役として、

遠藤憲一さんも出演。




今回の相棒として登場する溝呂木三花役には、

堀内敬子さん。


今回初登場の有村俊樹警部補役は、

大友康平さん。


その他のキャストはこちら。


室岡徹 :演 宮川一朗太

阿部志津香 :演 青山倫子

奥泉栄一郎 :演 鈴之助

三条渚 :演 中越典子



スポンサーリンク

嫌われ監察官 音無一六5の内容は?

嫌われ監察官 音無一六5の内容はどうなっているでしょう。


監察官の音無一六(小日向文世)は、暴力団との癒着疑惑で監察中の警部補・有村俊樹(大友康平)を遺体で発見してしまう。現場からは被疑者(遠藤憲一)が逃走。合同捜査本部に特別監察として乗り込んだ一六は、聞き込み中に再び被疑者に遭遇するも取り逃がしてしまう。一方、捜査一課の三条渚(中越典子)が有村の交友関係を調べる中で、ひとりの男が浮上する。名前は“万丈二六”。幼いころに引き離された一六の実の弟だった!

嫌われ監察官 音無一六5は面白い?つまらない?感想や評価は?

嫌われ監察官 音無一六5は面白いのか?つまらないのか?

感想や評価が気になりますね。

まとめ

ドラマ「嫌われ監察官 音無一六5」は、2018年7月6日(金)テレビ東京で20:00~21:48で放送されます。



スポンサーリンク