2018年6月30日から映画「パンク侍、斬られて候」が公開されます。

原作や脚本やキャストについて、

また、映画「パンク侍、斬られて候」は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価などについて調べてみました。



スポンサーリンク

パンク侍には原作がある?

映画「パンク侍、斬られて候」には原作があります。


町田康さんの小説「パンク侍、斬られて候」です。

パンク侍、斬られて候【電子書籍】[ 町田 康 ]

価格:670円
(2018/6/28 01:52時点)
感想(1件)

町田康さんは、1962年1月15日生まれの56歳で、

元々は、セックスピストルズに憧れて、パンクバンドで活動されていた方です。

1996年の「くっすん大黒」で文壇デビュー。

この作品は、芥川賞もとりました。


「パンク侍、斬られて候」もいかにも町田 康さんらしいという感じの作品ですね。

パンク侍の脚本は?

この町田康さんの小説を映画化したものですが、

脚本は、宮藤官九郎さんが担当しています。


(出典:ライブドアニュース)


テレビでもよく見かける有名な脚本家ですね。

パンク侍はどんな映画?

パンク侍はどんな映画なのでしょう。


こちらは映画の予告編です。

あらすじはこのようになっています。

舞台は江戸時代。浪人・掛十之進(かけじゅうのしん)は仕官と報酬欲しさに、恐るべき災いを引き起こすとされる新興宗教団体「腹ふり党」の討伐を企てる。黒和藩(くろあえはん)重臣・内藤帯刀(ないとうたてわき)はこれを利用し、自分と対立する重臣の失脚を目論むが、教祖が捕縛された腹ふり党はすでに解散していた。内藤は偽の腹ふり党をねつ造する計画を企てるが、黒和藩に阿鼻叫喚の惨事が訪れる。



スポンサーリンク

監督やキャストは?

監督やキャストはどうなっているでしょう。


まず監督ですが、石井岳龍監督。

1957年1月15日生まれの61歳で、

『狂い咲きサンダーロード』や『五条霊戦記』などをつくっている監督さんです。


次はキャストですが、

主演の浪人・掛十之進の役には、綾野剛さん。

ろん役には、DAIGOさんの奥さんの北川景子さん。




その他のキャストはこのようになっています。


黒和直仁 :演 東出昌大
幕暮孫兵衛 :演 染谷将太
茶山半郎 :演 浅野忠信
大臼延珍 :演 永瀬正敏[3]
真鍋五千郎 :演 村上淳
オサム :演 若葉竜也
長岡主馬 :演 近藤公園
江下レの魂次 :演 渋川清彦
大浦主膳 :演 國村隼
内藤帯刀 :演 豊川悦司

パンク侍は面白い?つまらない?評判や評価は?

映画のパンク侍は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価が気になりますね。

試写会での評判や評価を見てみます。

また公開されたら調査してみます。

まとめ

映画「パンク侍、斬られて候」は2018年6月30日から公開です。



スポンサーリンク