2018年6月10日(日)21時00分~23時05分でドラマの検事悪玉がテレビ朝日系で放送されます。


渋い刑事ドラマですが、面白そうですね。

ここでは、検事悪玉は、どんなドラマなのか。

キャストは?

面白いのか?つまらないのか?感想や評判、

また原作はあるのかなど、

調べています。



スポンサーリンク

検事悪玉はどんなドラマ?

検事悪玉は、どんなドラマなのでしょう。


偏屈で口は悪いが天才的な捜査能力を持つ異色の検事の阿久田正紀が主役。

その性格から、名前にちなんで、「悪玉」といわれています。

この検事悪玉が事件を解決していくドラマです。


シリーズ化されていますが、

今回で、2作目となります。

前回は、2016年3月19日、土曜ワイド劇場で放送されています。

検事悪玉には原作はあるの?

さて、この検事悪玉には、原作はあるのでしょうか。


どうも原作はなようです。

となると、気になるのが脚本家ですね。


脚本は、前作に引き続き山岡潤平さんが担当しています。

山岡潤平さんは、1983年生まれの34歳ですが、

もうかなりのキャリアがあり、

釣りバカ日誌などの脚本も担当しています。


尚、俳優の鈴木亮平さんとは大学時代の先輩・後輩の関係にあたり、交友がつづいているそうです。



スポンサーリンク

検事悪玉のキャストは?

検事悪玉のキャストはどうなっているでしょう。


まず主役の偏屈な検事の阿久田正紀を演じるのが、

橋爪功さん。

また、その阿久田正紀の右腕となる若手刑事の善田まなみには、真野恵里菜さん。


その他のキャストはこちらです。


木暮省吾 :演 六角精児
宮原哲司 :演 山崎 一
桑村良雄 :演 佐戸井けん太
葛西修平 :演 金子 昇
天野安恵 :演 西尾まり
白岩雄一 :演 渡辺 穣
重盛正俊 :演 不破万作
最上信子 :演 床嶋佳子
志神恭司 :演 木下ほうか

検事悪玉は面白い?つまらない?感想や評価は?

ドラマの検事悪玉は面白いのか?つまらないのか?

感想や評価が気になるところです。

放送終了後、ご紹介します。

たまたま見たら意外と面白いという感じの感想が多かったです。

評価は高いようです。

まだ2作目ですが、長く続いてほしいですね。

まとめ

ドラマ「検事悪玉」は、テレビ朝日系で2018年6月10日(日)21時00分~23時05分に放送されます。



スポンサーリンク