あの世界のホームラン王として有名な王貞治さん。

現在は、ソフトバンクの球団会長をされています。


(出典:Full-Count)


この王さんが、なんと再婚されたようです。

なんと78歳での再婚ということになります。

一体どんな女性なのでしょうか。

再婚相手(妻)の名前や画像が気になります。


また、元妻についても調査してみました。



スポンサーリンク

王貞治のプロフィール

名前:        王貞治(おう さだはる)

生年月日:      1940年5月20日

年齢:        78歳

出身地:       東京府東京市本所区

身長:        177㎝

王貞治の再婚相手は誰?

さて、王貞治さんの再婚相手はどんな方なのでしょう。


特に有名人というわけではなく、

一般女性ということです。

すでに10年来も一緒に生活をされているとのこと。


一体どんな女性なんでしょうか。


写真はフライデーでスクープされています。

このスクープは2015年のスクープでした。

画像はこちら。


(出典:フライデー)



(出典:フライデー)



では、どんな女性かですが、

年齢は10歳下

ということは68歳いうことになりますね。


画像をみるかぎり、60代後半でも、かなりお奇麗な感じです。
(年齢は60歳ということです。18歳差ということになりますね)
気品の高さを感じますね。

稲田朋美さん似の美女だそうです。


何をされているかたかというと、

中州の老舗料亭の娘さんとうことです。


もっと早く結婚されたかったようですが、

娘の理恵さんへの配慮から、結婚に踏み切れなかったようです。



スポンサーリンク

王貞治の元妻はどんな人?

今回、再婚で娘さんもいる王貞治さんですが、

元妻はどんな方だったのでしょう。


元妻の名前は恭子夫人。

結婚されたのが1966年でした。


画像はこちら。

(出典:スポニチ)


元妻の恭子夫人も美しい女性ですね。

この恭子夫人との間には、3人の子供がいます。

3人とも娘さんで、有名人になっているのは、

理恵さん。


(出典:女性自身)


理恵さんは、スポーツキャスター・コメンテーター・タレント・雑穀料理研究家・ジュニア・野菜ソムリエとして活躍されています。


元妻の恭子夫人は、2001年10月に亡くなられました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あの世界のホームラン王として有名で、現在、ソフトバンクの球団会長をされている王貞治さんが再婚をしました。

ここでは、その再婚相手の名前や画像、どんな女性なのかを調べました。

また元妻についても調べています。

さらに詳しいことが分かれば追記していきます。



スポンサーリンク