増原裕子さんが話題になっています。

経済評論家の勝間和代さん(49)がTOKYO MX「バラいろダンディ」の生出演し、

女性のパートナーと交際していることを公表しました。

そのパートナーが増原裕子さんということです。

こちらの方です。


(出典:Twitter)


美人な方ですね。


この増原裕子さんですが、かつて結婚された過去があり、

離婚もしているようです。


ここでは、増原裕子さんの結婚と離婚について、

また、学歴や仕事についても調査してみました。



スポンサーリンク

増原裕子のプロフィール

名前:         増原裕子(ますはらひろこ)

生年月日:       1977年12月27日

年齢:         40歳

出身地:        神奈川県横浜市

増原裕子は学歴は?

増原裕子さんの学歴が気になりますね。


まず高校ですが、慶應義塾女子高等学校

そして大学もそのまま慶應で、

慶應義塾大学文学部を卒業しています。


大学院もいかれたようで、

慶應義塾大学大学院フランス文学修士課程を卒業しています。

優秀な方のようです。

増原裕子の仕事は?

増原裕子さんは、どのような仕事をしているのでしょう。


大学院を卒業後、

ジュネーブ公館、会計事務所、IT会社勤務を経て、

独立起業。


トロワ・クルールを立ち上げて、代表取締役になっています。

トロワ・クルールのホームページはこちら

企業向けLGBT研修や、行政向け講演会、メディア出演、LGBTとアライのためのオンラインサロン等の事業を展開しています。



スポンサーリンク

増原裕子は結婚して離婚も経験

増原裕子さんですが結婚して離婚も経験しています。


その結婚して離婚した相手ですが、

東小雪さん。

東小雪さんは、1985年2月1日生まれの33歳。

石川県金沢市の生まれ、

元宝塚歌劇団です。


増原裕子さんと東小雪さんの馴れ初めですが、

2011年の春のLGBTシンポジウム。

この時、東さんはトークイベントのゲストで、

増原さんは、スタッフとして参加してたそうです。


交際がスタートし、同棲を開始。

2013年3月1日、日本人で初めて日本のディズニーリゾートで同性挙式をした最初のカップルになりました。


2015年11月5日、渋谷区「パートナーシップ証明書」第1号証明書を受理していますが、

2017年12月25日、パートナー解消に伴い渋谷区に証明書を返還しています。


離婚理由はなんだったのでしょう。


すれ違い、価値観の違い、見たい将来も少しづつズレが出てきたということが離婚理由のようです。

喧嘩わかれというわけではなく、現在も親友としての付き合いをしているようですね。

勝間和代と同棲

上でも書きましたが、現在、増原裕子さんは、勝間和代さんと同棲をしているようです。

勝間和代さんは、2度、結婚されて、離婚をし現在は独身ですが、

子供も3人いっらしゃいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在、勝間和代さんと同棲している増原裕子さんについて、調べてみました。

お読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク